有効なリンク形式

SourceForge.jp の Wiki では、様々な形式でリンクを生成することができます。

CamelCase でのリンク

大文字から始まる英単語を 2 つ以上はリンクになります。 数字は小文字と同じ扱いになります。 日本語等アルファベットと数字以外の文字が入る場合は、リンクになりません。

例:

 * FrontPage
 * FrontPageTest21
 * 21FrontPage
 * FrontPage日本語

表示:

wiki ページへのリンク

「wiki:Wiki ページ名」とすると、CamelCase でないものも強制的に Wiki ページへの リンクになります。「wiki:」のあとに「プロジェクト UNIX 名:」を付けると、 他のプロジェクトの Wiki ページへのリンクになります。リンク仕様のため、 「:#[]!'"」は WikiName として利用できません

例:

 * wiki:FrontPage
 * wiki:21WikiName
 * wiki:日本語ウィキネーム
 * wiki:コロン:は利用できません
 * wiki:docs:WikiLinks

表示:

日本語のウィキネームを使いたい場合は、 ブラケットリンク を使うと便利です。 wiki:日本語 ではなく [日本語] と書くことが出来ます。

プロジェクトページへのリンク

「project:プロジェクト UNIX 名」で、プロジェクトページへのリンクになります。 「projects:」も同様です。

例:

 * project:sourceforge
 * projects:slashdotjp

表示:

チケットアイテムへのリンク

「ticket:チケットアイテムID」または「#チケットアイテムID」で、 各チケットアイテムの詳細ページへのリンクになります。

例:

 * ticket:100
 * #100

表示:

プロジェクト Web ページへのリンク

「prweb:パス」でプロジェクト Web ページへのリンクになります。 「prweb:プロジェクト UNIX 名:パス」という形にすると、 別のプロジェクトの、プロジェクト Web ページへのリンクになります。

例:

 * prweb:/
 * prweb:slashdotjp:/?FAQ

表示:

ユーザへのリンク

「id:ユーザのUNIX名」で、当該ユーザのページへのリンクになります。 「user:」「users:」も利用できます。

例:

 * id:sado
 * user:sugi
 * users:ishikawa

表示:

ソースコードへのリンク

「cvs:パス」および「svn:パス」で該当パスのソースコードへのリンクになります。 「cvs:プロジェクト名:パス」の様に他のプロジェクト名を指定する事も出来ます。

また、「r数字」によって Subversion の特定のリビジョンにリンクする事も出来ます。 この方式の場合プロジェクト名は指定できません。

例:

 * cvs:/
 * svn:slashdotjp:/slashjp/trunk/COPYING
 * r123

表示:

書籍へのリンク

「isbn:ISBN 番号」で、Amazon の当該商品のページへのリンクになります。

例:

 * isbn:4797338261

表示:

ブラケットリンク

[ と ] で囲ったものは強制的にリンクになります。 ブラケット内で空白を入れると、その後ろの文字列がリンクの表示名に なります。

例:

 * [FrontPage]
 * [wiki:FrontPage]
 * [日本語ウィキネーム]
 * [id:sado sado ユーザのページ]
 * [http://slashdot.jp/ スラッシュドット]

表示: