「OpenStack 2014.2 Juno」公開、データ処理サービス「Sahara」が正式版に

 オープンソースのクラウド基盤「OpenStack」の開発母体であるOpenStack Foundationは10月16日、最新版となる「OpenStack 2014.2」(開発コード「Juno」)をリリースした。データ処理サービス「Sahara」プロジェクトが正式プロジェクトとなり、ネットワーク仮想化機能「NFV」の初期サポートも加わっている。

天文物理学向け計算に特化したPython JITコンパイラ「HOPE」

 チューリッヒ工科大学(ETH)の天文学研究所が、PythonコードをC++コードに変換してコンパイルするツール「HOPE」を公開した。天文学に関連する機能のみに特化したツールで、PythonとC++を組み合わせることでプログラミングの容易さを保ちつつ天文物理学の計算に要求される性能を実現するとしている。

米Dockerが「Docker 1.3」をリリース、セキュリティを強化

 米Dockerは10月16日、オープンソースのコンテナ型仮想環境構築ツール「Docker Engine 1.3」をリリースした。技術プレビューでとしてDockerイメージに対するデジタル署名機能が導入され、Dockerイメージの信頼性を強化している。

サーバーライフサイクル管理Foremanを統合した「oVirt 3.5」が公開

 米Red Hat傘下のoVirt Projectは10月17日、オープンソースの仮想マシン管理ツール「oVirt 3.5.0」をリリースした。物理/仮想両対応のサーバー管理ツール「Foreman」の統合や、ストレージドメインのインポートといった機能が導入されている。

米Yahoo!が国際化のためのJavaScriptライブラリ「Format.JS」を公開

 米Yahoo!は10月14日、Webアプリケーションの多言語対応に向けたJavaScriptライブラリ「Format.JS」をオープンソースで公開した。数字、日付、文字列のフォーマットにフォーカスし、テンプレートライブラリと統合できるモジュールなどを集めたライブラリコレクションとなる。