MozillaがFirefox検索でのGoogleとの提携を打ち切り、国毎にデフォルトを設定へ

 Mozillaは11月19日、Webブラウザ「Firefox」における検索分野の提携方針を変更したことを発表した。2004年以来、FirefoxではGoogleとの提携に基づき全世界共通でGoogleをデフォルトの検索サービスとしてきたが、今後は地域毎にデフォルトの検索サービスを設定する。新しい検索エンジンの方針がユーザー側に反映されるのは12月からという。

米Googleが「Chrome 39」をリリース、セキュリティ強化が中心

 米Googleは11月18日、Webブラウザの最新版「Chrome 39(Chrome 39.0.2171.65)」をリリースした。セキュリティ関連で42件のバグを修正するなど、安全性にフォーカスした。Windows、Mac OS X、Linuxに対応、プロジェクトのWebサイトより入手できる。