FLOSSとStreamtimeによるイラク自由化の活動

 「技術者」ではないが単独でもギークとして多様な分野で活躍するクリエイティブな人々が集まり、ある決意をした。イラクの人々に戦争中の体験を大勢の聴衆に向けて自由に語る機会を提供しようというのだ。自分たちをStreamtimeと呼ぶこうしたギークたちがやり遂げようとしたのは、インターネットラジオの実験を実施することであり、コンピュータとインターネット接続さえあればどこででもDyne:bolicなどのフリーソフトウェアを使ってインターネット放送のコンテンツを即時に作成できる方法をイラクの人々に教えることだった。

 2004年の夏、Streamtimeは準備を整えてアムステルダムからイラクへと旅立った。そして、爆破テロとハッキング攻撃に屈することなく、勝利と被虐の間を激しく揺れ動いた国に表現の自由をもたらした。実験は終了したが、彼らの活動は今なお続いている。

 Streamtimeの創始者は、「アクティビスト・ラジオメーカー」とも呼ばれるJo van der Spek氏である。2004年2月、彼は、流浪のラスタファリアンでフリーソフトウェアプログラマのDenis Rojo氏に近づいた(Rojo氏はDyne:bolicの開発者であり、「jaromil」という名のほうがよく知られている)。それはRojo氏が講演者として招待されていたNetworking Europeというイベントでのことだった。「コーヒーを飲もうとカウンターに立っていると突然、おかしな表情をした背の高いやせた男がやって来て、Jojoと名乗ったんだ」とRojo氏は言う。van der Spek氏はjaromil(Rojo氏)のソフトウェアプロジェクトを褒めたたえ、イラクにおける独自のメディア放送に参加しないかと彼に声をかけた。「私は嬉しくなり、彼の言う『独自』の真の意味をすぐに悟った」とRojo氏は話す。

 van der Spek氏は真実を明らかにするという使命を抱いてバグダッドに行き、自らの体験を記録していた。彼は次のように記している。「午後4時、Salamと一緒にイラクの文化相Mufid Al-Jazairi氏に会った。彼はラジオ放送について話したがっていた。彼の属する共産党が放送を始めようとしていたが、彼自身は文化大臣として文化的なラジオ放送を開始したいと考えていた。そのねらいは、人々による文化的な表現活動を奨励し、日常生活を映し出すことにあった。実際、イラクの人々はこうした活動のやり方を学び直す必要がある。というのも、フセイン政権下の恐怖政治によって人々との間でコミュニケーションを行う普通の習慣が崩壊してしまったからだ。彼の顔を見ながら私が思い出していたのは、ナチスのブーヘンヴァルト収容所に移送された自らの体験を『The Long Road』(?)とかいう本に書いた別の文化大臣(任期の短かったスペインの元文化大臣Jorge Semprun氏、著書の正しいタイトルは『The Long Voyage』)のことだった」

 van der Spek氏は、Dyne:bolicを使ってワークステーションをインターネット放送用マシンに換えることで、何百もの小さなラジオ局を作いたいと考えた。Dyne:bolicは、そのための必要なデジタルメディアソフトウェアのすべてを備えたLinuxライブCDである。ほぼどんな種類のIntelハードウェアでも動作し、ハードディスクにインストールする必要がない。また、メモリ上で実行されるので、ワークステーション側には実行の痕跡が残らない。そのため、仮に当局から不正なラジオ放送として目を付けられた場合に告発される危険を冒してでも活動を続ける可能性のある占領地域の人々が利用しても安全だ。

 バグダッドで10日間を過ごしたvan der Spek氏は、居ても立ってもいられなくなった。「今こそ、従来の放送やストリーミングの実施に向けて技術者たちとチームを組むときだ。アル・ジャジーラの放送で、日本人の人質数名がナイフで脅され、アラーは偉大なりと言わされようとしている様子を目にした。アズ・サマワーでも2名のオランダ兵士が捕らわれたようだが、やがてはオランダにいる人々もこの件の詳細を知ることになるだろう。敵が現れるのをただ待ち続けたり、見ず知らずの警備員を当てにしたりするのではなく、自ら積極的に何かができるというのは実にすばらしいことだ」

 van der Spek氏は、オランダ人調査報道ジャーナリストCecile Landman氏のもとを訪れた。イラクのために「何かできることを行う」活動に参加してほしいとのvan der Spek氏の要請を受けたことについて、彼女は次のように語る。「考える必要なんてありませんでした。イラクによる侵略とその後の悲惨な展開に、私は深く失望していたのです」。van der Spek氏、Landman氏、Rojo氏(jaromil)のほか、自称「メディア理論家」でWebデザイナを生業とするGeert Lovink氏と、Michaelという名のもう1人の「ラジオアクティビスト」もこの活動に加わった。彼らはアムステルダムにある文化政治的な会合の場であるDe Balieの中二階で顔を合わせた。De Balieは、このグループにぴったりの場所だった。というのも、90年代後半にベオグラードのRadio B92というラジオ局の放送が不法行為にあたるとして同局の送信機がセルビア政府に押収された後、同局を支援するグループ(van der Spek氏はここにも参加している)が集まった場所だったからだ。

 一部のメンバーがイラクのハラブジャに拠点を設け、残りのメンバーはアムステルダムに残って「技術やコンテンツの問題」についてフィードバックを与えた、とLandman氏は話す。最初の放送は2004年6月30日に行われた。「こうした初回の放送はそれほど容易なことではありません。ときには接続上の問題も起こりますから」というのが30分番組のホストを務めたMichaelの最初の言葉だった。インターネット接続が何度も切れるのでときどき音声が不明瞭になったり聞こえなくなったりした。だが、こうした問題にもかかわらず、放送は成功とみなされ、1988年3月にサダム・フセインがハラブジャに対して毒ガス攻撃を仕掛けた「血の金曜日」の犠牲者たちが取り上げられた。「おそらく、これがイラク初のインターネットラジオ番組でしょう」とLandman氏はStreamtime.orgに記した。このときの番組は、音楽、血の金曜日の回想、当時の出来事に対する解説を織りまぜた内容だった。