Red Hat、Windowsのコアフォントと置き換え可能なフリーのフォントをリリース

 Red Hatは先週、WindowsのコアフォントであるArial/Courier New/Times New Roman(順に、現在もっとも普及しているサンセリフ/等幅/セリフフォント)と置き換えて使用可能な、Liberation書体の3つのフリー・フォントをリリースした。

 Liberationフォントはすでにダウンロード可能になっている。Liberationフォントは、文書をフリーなオペレーティングシステムとWindowsとで共有する際に、フォントの違いが原因でユーザがやむなく文書を整形し直すことがないように、Windowsコアフォントとフォントメトリックス的に同等になる(つまり各文字の占める横幅の長さが、対応するWindowsのフォントと等しい)ように設計されている。

 Red Hatはかなり以前より、オペレーティングシステム間での相互運用性を実現するための高品質なフォントに関心を寄せていた。Red Hat次席法務顧問兼秘書役のMark Webbink氏によると、1990年代後期のRed HatディストリビューションにはArial/Courier New/Times Roman書体が含まれていたが、Microsoft社の著作権の侵害にあたるとしてサードパーティに訴えられたのだという。そしてその後、その争議については示談が成立し、2004年にRed HatはWindowsコアフォントとフォントメトリックス的に同等なAgfa Monotype社のプロプライエタリなフォントであるAlbany/Cumberland/Thorndale(各フォント名の頭文字は、それぞれが置き換える各Windowsコアフォントの頭文字に対応している)という3種類のフォントのライセンスの取得を発表した。これらのフォントはRed Hatの商用パッケージのExtras CDに含められて配布されたが、Webbink氏によると「フリーでもオープンでもなく、Red Hatにとって歯がゆい思いがするものだった」という。

デザイナー

 Albany/Cumberland/Thorndaleのリリースの後、Agfa Monotype社でRed Hatとの一件を担当していた何人かのデザイナーと経営者が独立し、Ascender社というフォントデザイン会社を設立した。Ascender社のスタッフには大手企業向けにフォントの設計を行なってきた長年の経験があり、Microsoftコアフォントの他にも、Microsoftのオンライン向けフォントとして最も有名なVerdanaフォントや、Courier Newとフォントメトリックス的に同等になるよう設計されたAndale Monoプロジェクトといった作品がある。

 Red HatはAscender社のスタッフとともに働いた経験があったため、Times Romanとフォントメトリックス的に同等になるように設計されたLinux Libertineのような既存のフリーフォントを利用するのではなく、再びAscenderチームと一緒にフリーな代替フォントを設計することにした。Red Hatは作業の開始前にLiberationフォントのための技術的な仕様は指示したものの、それ以外の細部の多くはAscender社のスタッフに委ねたという。

 Webbink氏によると「メトリックス的な観点から問題がなければ、Ascenderチームにデザイン的な観点での自由を与えてしまっても大丈夫だと考えた」とのことだ。

 Ascender社副社長のSteve Kuhlman氏によると、同社はそれ以前にはフリーなフォントを扱った経験はなかったという。またKuhlman氏によるとAscender社はLiberationフォントについても、デザイン的な観点を第一として取り組んだとのことだ。そしてKuhlman氏が「Ascender社をまさに代表するデザイナー」と呼ぶSteve Matteson氏が同フォントの制作に昨年着手した。さらにKuhlman氏は、LiberationフォントはWindowsコアフォントと同じ幅になるよう設計されてはいるものの「完全な類似品ではなく、デザイン的にははっきりした違いがある」とも述べた。

 Webbink氏はLiberationフォントの制作に必要となった経費について正確な数字は明らかにしなかったが、「膨大な費用がかかった……が、正直に言ってRed Hatは得られた結果にかなり満足している。Liberationフォントは非常に魅力的なフォント集だと思う」と述べた。