ビデオのフォーマット変換を簡単に実行できるOggConvert

  OggConvert はGUIベースのシンプルなビデオトランスコーダであり、その出力形式はTheoraおよびDiracというフリー系フォーマットのみに対応している。フォーマット変換の操作は極限にまで簡単化されているが、登場して間のないDiracコーデックを手軽に試してみることができる点にも注目すべきだろう。特に操作性に関しては、この種のソフトにつきものの複雑な設定をいくつも調整する必要はなく、対象となるファイルをドラッグ&ドロップして処理の完了を待つだけである。

 OggConvertはソースコードおよび、Debian、Fedora、SUSE、Ubuntu用のバイナリパッケージとしてダウンロードすることができ、最新リリースのバージョンは0.3である。OggConvertはPythonで記述されているが、メディアの変換処理にはGStreamerを使用している。

 Diracフォーマットへの変換を実行するには、最低でもGStreamer 0.10.11およびlibschrodingerエンコードライブラリを用意しておかなくてはならない。GStreamerについては最新のLinuxディストリビューションならば通常は用意されているはずだが、libschrodingerは完成度が今一歩ということもあってその普及度は低く、Debian、Ubuntu、Fedoraであれば標準的なパッケージシステムを介して入手しておく必要がある。

変換作業の実際

OggConvert_thumb.jpg
OggConvertのメインウィンドウ

 OggConvertを起動してみると、その非常なまでに簡素化されたインタフェースに、かえって戸惑わされるかもしれない。画面の最上部にはファイル選択用のボタン、その下にはオプション設定用のいくつかの項目、そして再下段には変換結果のファイル名およびその出力先を指定するコントロールが配置されている。

 ファイル選択ボタンをクリックするとGTKのファイル選択ウィンドウが表示されるので、この画面を介して変換可能な入力ファイルを指定すればいい。対応するファイルは、MIMEタイプがvideo/*およびaudio/*とされているフォーマットはすべて変換可能だが、application/oggとされている既存の.oggメディアは対象外である。入力ファイルの指定後は、ビデオコーデックとしてTheoraとDiracのどちらを使用するかを設定する。変換時の画質と音質については、Video QualityおよびAudio Qualityという2つのスライダにより10段階のレベル切り替えが行えるようになっているだけである。

 なおAdvancedというコントロールを開くと、メディアコンテナフォーマットとしてOggおよびMatroskaのどちらを使用するかを指定することができる。Matroskaはバージョン0.3で採用されたばかりのフォーマットであるが、これもOggと同様にパテントフリーかつオープンソースであり、GStreamerでもサポートされている。Matroskaの開発陣はOggに対する各種の優位性を主張しているが、あまり触れられていない相違点の1つに、Matroskaが任意のコーデックをカプセル化できるのに対して、OggはTheoraのようなXiph.orgコーデックのみに特化しているという大きな違いがある。

 必要なオプション指定が終わったら、後はConvertボタンをクリックするだけである。変換中はOggConvertのプログレスウィンドウが表示され、処理の進捗度および処理完了までの推定時間が提示される。ただしこの表示の読み取りには注意が必要で、私が試したすべてのケースにおいて、進捗度が130%以上に達しないと処理は完了しなかった。実際のエンコード速度としては、シングルコアの2.4GHz Athlon CPU搭載マシンにて実行した場合、Theora適用時には約2倍の速度を出せたが、Dirac適用時は1倍未満である。

OggConvert2_thumb.jpg
「処理が131.5%まで進行した」と告げるOggConvertのプログレスメータ

 将来的なリリースについては、マイナーな修正を施してもらいたい点が若干残されている。例えば何度か、「変換が“ストール”したのでプロセスをキャンセルしろ」という旨の警告メッセージが出されたのだが、いずれのケースにおいても処理は正常に進行しており(プログレスメータ、コンソールメッセージ、システムモニタが正常な動作を示している)、最終的に正常なファイルが得られているのである。

 こうした些末的な問題は残されているものの、OggConvertによって高品質のビデオフォーマット変換がきわめて簡単に実行できることに間違いはない。なおソースファイルにあるメタデータをすべて吸い出した上で指定の形式によるターゲットファイルに収め直す処理が自動的に実行できるのは、GStreamerのおかげである。

 DVD::Ripのような機能満載型のトランスコーダを使った経験のあるユーザであれば、Theoraなどのコーデックには複雑な設定オプションが付随するものだという認識を持っていることだろう。OggConvertの場合は、そうした雑多な設定オプションを背後に隠している訳だが、手軽な変換を求めているユーザにとってはそれが正解のはずである。

 正直私も最初にOggConvertを試用した際には、10段階の品質設定スライダという仕様に対して、個々のレベルに関するもう少し詳しい説明が必要だろうと感じたものであった。しかしながら“品質”とは非常に主観的なものであり、要は変換後のビデオの画質やサイズに個々のユーザが満足するかということでしかない。また実際に各設定レベルでどの程度の品質が得られるかを確認したければ、手元にあるビデオの先頭数秒だけを実際に変換してみて、個々の結果を見比べてみればいいだけのことである。