Linuxで字幕を作成する

 英語圏の人にはあまり馴染みがないかもしれないが、世界のそれ以外の地域の人にとって字幕とは、映画を本当に楽しむことができるか、あるいは映像を見ながら何が起こっているのかを単に推測するだけに留まるのかの違いを生み出すものだと言っても良いだろう。Windowsには字幕を扱うためのツールが幅広く揃っているが、実はLinux用のアプリケーションでもそのような作業を行うことができる。本稿では、編集やリッピングや変換などを行う便利なツールを紹介する。

subtitle2_thumb.png
Gnome Subtitles

 おそらくLinux上で最も優れた字幕編集用アプリケーションは Gnome Subtitles だろう。Gnome Subtitlesは、単にテキストとして字幕を自分の言語に迅速に翻訳する作業を手助けしてくれるだけでなく、ビデオプレイヤと連携してファイル内のテキストを映画の中の音声と同期させることができる。したがって一時停止と翻訳を繰り返していけば良いだけだ。テキストを太字や斜体にしたりテキストに下線を付けたりするのもボタンをクリックするだけで可能だ。さらに映画内の希望の再生位置に移動することができる検索/置換機能も提供されている。また最近の映画で広く使用されている各フレームレート(23.976、24、25、29.97、30)をサポートしている。

 Gnome Subtitlesのウィンドウの字幕編集領域の左側には、行番号を示す欄と並んでFromToという名前の欄がある。字幕テキストは、これら2つの値で指定したタイミングで画面上に表示される。画面の指定方法としては、フレームによる指定と時間による指定のどちらかを選ぶことができる。時間指定では、映画内で字幕が表示される位置を時/分/秒/ミリ秒で表わすので、操作がより簡単だ。

subtitle1_thumb.png
KSubtile

  KSubtile はGnome Subtitlesと同じ目的のKDEアプリケーションだが、Gnome Subtitlesと比べると直観的な使いやすさという点でやや劣る。KSubtileではビデオの表示にMPlayerを使用する。字幕を読み込むとすぐに、ファイル内の行数と合計時間とが情報タブ内に表示される。KSubtileでは、映画のある部分の字幕行を別の場所に切り貼りすることが可能だ。KSubtileの難点としては、UTF-8をサポートしていないという点がある。一方便利な点としてはズーム機能があり、これはテキストを迅速に見つけたい時に役に立つ。字幕テキストは、KSubtileのウィンドウのNavigatorの中の縦の線で表わされる。この縦線の幅が広ければ広いほど、字幕が長時間画面に表示されることを示している。エディタには中央にテキストボックスが2つあって、その左右にある矢印を使って移動したい位置に移動することができる。もしくはSelect(選択)ボタンを押して、編集したいテキストがある位置に直接的に移動することもできる。

 KSubtileではMPlayerを利用するが、これら2つのアプリケーションは同期を取らないのであまり便利ではない。映画が先に進んでもエディタ内の字幕は変化しないので、映像を見てビデオファイルの位置を確認しながら編集することができない。