オーディオ・ファイルを携帯音楽プレーヤー向けに変換するユーティリティー3種

 安価で大容量のハード・ディスクのお陰で、オーディオ・コレクションをFLACなど劣化のないオーディオ形式で自宅のネットワーク上に保存できるようになった。しかし、外出の際は、圧縮するタイプのオーディオ形式を使って巨大なオーディオ・ファイルを小さくしたいだろう。そこで、本記事では、オーディオ・ファイルを携帯音楽プレーヤー向けに手軽に変換できるツールを3種紹介しよう。

 ここで紹介するのは、KDEデスクトップの audiokonverter と、GNOMEデスクトップの audio-convert audio-convert-mod 。GNOME用の2つのツールは名前が似ているが、異なるプロジェクトだ。

 audiokonverterを入手するには、このツールのホームページにあるDebian、Ubuntu、openSUSE、汎用RPMディストリビューション用のパッケージを利用する。Gutsy(Ubuntu 7.10)、Fedora、openSUSE Build Serviceの各ディストリビューションのリポジトリーにはない。audio-convertは、Gutsy向けのパッケージnautilus-script-audio-convertが提供されている。audio-convert-modは、Fedoraリポジトリーにパッケージがあるが、ほかのディストリビューション用パッケージはない。本記事のための試用では、audiokonverterは汎用RPMパッケージで、audio-convertはソースから、audio-convert-modはFedoraリポジトリーから入手したものを使った。

 本記事ではOggとMP3のエンコードを扱うので、ここで、これらのエンコーディングのオプションについて簡単に説明しておこう。Ogg形式の場合、オーディオをエンコードする際に音質レベルを選択することができる。レベルは1から10まであり、デフォルトは3。Vorbis FAQによると、このレベルは128kbpsでエンコードしたMP3に相当するという。もし私がOggを使うならこれより上、おそらくは6にする。再びVorbis FAQを見ると、このレベルはCDの音質に近いとある。また、MP3形式の場合は、私なら192kbpsでエンコードする。このレベルは、これ以上音質レベルを高くしても携帯音楽プレーヤーに搭載されているオーディオ出力回路と移動中に使うイヤホンによる音質低下の方が大きいだろうという上限だ。