Windows用SCP/SFTPクライアント「WinSCP」の使い方、設定:安全なファイル転送

 ネットワーク経由で安全にファイルを転送する方法として、SCPやSFTPがある。最近では、セキュリティ向上のためファイル転送にFTPではなく、SCPやSFTPを推奨しているサイトも多い。本記事では、Windows用のSCP/SFTP/FTPクライアントである WinSCP を使ってファイルをやりとりする方法を解説する。

 SCPとは「SeCure CoPy」の略で、暗号化通信を行うSSH(Secure SHell)の機能を使用してファイル転送を行うものだ。また、SFTP(Secure FTP)はSSH経由でFTPを利用するもので、ともに通信を暗号化するため通信内容が盗聴されにくいという特徴がある。

 従来、ファイル転送にはFTPが多く使われていたが、FTPは暗号化を行わないためパスワードや通信内容を盗聴されてしまう可能性があった。そのため、最近はファイル転送にSCPやSFTPを推奨する例が増えている。

WinSCPのダウンロードとインストール

図1
図1 WinSCP

 WinSCPは、Windowsで動作するSCP/SFTP/FTPクライアントだ。エクスプローラー風/ノートンコマンダー風のGUIを備えており、ドラッグ&ドロップやショートカットメニューによる操作など、Windowsユーザーが慣れ親しんだインターフェイスで操作できるのが特徴である(図1)。

 WinSCPは、SourceForge.JPのダウンロードページから入手できる。インストーラを含む「Installation package」と、インストールが不要でUSBメモリなどから起動できる「Portable executable」が用意されているほか、ソースコードも公開されている(ライセンスはGPL)。なお、本記事は執筆時の最新版であるWinSCP 4.1.6で執筆および動作検証を行っている。

 インストーラでは、途中「ユーザーの初期設定」画面で使用するユーザーインターフェイススタイルを選択できる(図2)。1つのウィンドウにリモートのディレクトリのみが表示される「エクスプローラ」(図3)と、1つのウィンドウにローカルとリモートの両方のディレクトリが表示される「ノートンコマンダ」(図4)から、どちらか好みのインターフェイスを選択する。どちらを選択した場合でも、エクスプローラからのドラッグ&ドロップやショートカットメニューからの機能呼び出しといった基本的な操作は変わらない。

図2
図2 ユーザーインターフェイスは「ノートンコマンダ」と「エクスプローラ」から選択できる

図3 図4
図3 Windowsのエクスプローラ風にリモートディレクトリが表示される「エクスプローラ」スタイル 図4 左ペインにローカルディレクトリ、右ペインにリモートディレクトリが表示される「ノートンコマンダ」スタイル