Windows用SCP/SFTPクライアント「WinSCP」の使い方、設定:安全なファイル転送 3ページ

 接続先などの情報を入力する、もしくは保存したセッションを選択して「ログイン」をクリックすると、サーバーへの接続が行われる。進捗はダイアログに表示され、必要に応じてパスワードやSSH秘密鍵のパスフレーズなどの入力が求められる(図8)。認証に成功し、サーバーへの接続が成功するとWinSCPのメインウィンドウが表示される。

図8
図8 必要に応じて、パスフレーズなどの入力が求められる

SourceForge.JPでのシェルサーバーやWebサーバーの利用

 SourceForge.JPでは、一定のルールのもと利用者が自由に利用できるシェルサーバーが用意されている。シェルサーバーには各ユーザーごとのホームディレクトリが用意されており、SCPを利用したアクセスが可能だ。WinSCPでSourceForge.JPのシェルサーバーにアクセスするには、次のような設定でシェルサーバーにアクセスすればよい。

 なお、SourceForge.JPのシェルサーバーへのアクセスにはSSH公開鍵のSourceForge.JPへの登録が必須となる。そのほかSourceForge.JPのシェルサーバーの利用については、SourceForge.JPヘルプの「シェルサーバのサービス」や「SSHアクセスのためのキー」を参照してほしい。

項目名 設定する値
ホスト名 shell.sourceforge.jp
ポート番号 22
ユーザー名 SourceForge.JPに登録したユーザー名
パスワード (なし)
秘密鍵 SourceForge.JPに登録した公開鍵に対応する秘密鍵
プロトコル SCP