PC-BSD 7――素材の良さを台無しにしている未熟な完成度

 FreeBSDは、Unixライクなオープンソースオペレーティングシステムの1つであり、その祖先はオリジナルのUnixにまで遡ることができる。サーバ市場ではその存在はかねてより知れ渡っており、既に相応の評価を確立しているものの、一般ユーザが気軽に扱えるデスクトップバージョンが登場したのは比較的最近の話でしかない。そうした活動を促進しているのは、2005年に発足したPC-BSDプロジェクトである。そして今月にはPC-BSDのバージョン7がリリースされたため、Ubuntu並のユーザフレンドリなディストリビューションに仕上がっているかを確認するべく、早速ダウンロードおよびインストールをしてみた。そして味わったのが、ちょっとした失望である。

 FreeBSDの有す安定性と安全性を受け継いだPC-BSDの謳い文句は、「“カジュアル”なコンピュータユーザを想定して設計された、完成形態のデスクトップオペレーティングシステム」とされていたため、実際に使用する前から私の期待は大いに高まっていた。今回私はCD用ISOをダウンロードし(3枚分に分かれているが、1つにまとめたDVDバージョンも入手可)、これをテスト用のマシンにて起動させてみた。インストールの手順は簡単であるが、その詳細を解説した「PC-BSD Guide」も用意されている。

 PC-BSDのインストーラは、ユーザ情報の入力、パスワードの指定、ディスクのパーティショニング、パッケージの選択といった、基本的なタスクを一通りこなせるようになっている。ただしPC-BSDにおけるデフォルトのシェルはcshであり、Linuxで一般的なbashではない。またFirefoxやOpenOffice.orgもデフォルトではインストールされないので、システムコンポーネントの操作画面で別途追加する必要がある。ただしインストーラ自身は柔軟な操作が可能で、例えば、GUIを無効化したサーババージョンでのインストールにも対応しており、また最初のユーザについてはオートログイン機能を設定して、スタートアップ時のアクセスを簡単化することもできる。

 PC-BSDのデスクトップ環境は、新型のKDE 4.1にPC-BSD専用にデザインされたテーマを追加したという構成だ。KDE 4.1にはいくつかのデスクトップウィジェットが付属しているが、PC-BSDの場合はFolder Viewというウィジェットをデフォルトで使用することで、デスクトップ上のファイル表示をさせている。ただしKDE側のバグなのか、あるいはグラフィックスカード(GeForce 6800LE)用ドライバの問題なのかは不明だが、このウィジェットで表示されるべきファイルは、マウスを重ねた場合にのみ表示され、その他の状況では消え去ってしまうのだ。最初私は、こうした挙動を示すのは仕様なのだと思っていたのだが、Folder Viewウィジェットの動作を示したYouTubeのデモンストレーション動画と比較したところ、どうやらこれは私のテスト環境で発生した不具合のようである。結局このウィジェットを無効化することで、手元のデスクトップは通常の表示がされるようになった。