高品質なフリー・ドキュメントの作成を目指すFLOSS Manuals

 フリー/リブレ/オープンソース・ソフトウェア(FLOSS)の弱点の1つに挙げられるのがドキュメントだ。そんな状況の改善を目指しているのが、FLOSS Manualsというプロジェクトである。フリーソフトウェア向けに、高品質なフリーのドキュメントを作成することを目的としたプロジェクトだ。

 FLOSS Manualsを立ち上げたのは、デジタル・アーティストのAdam Hyde氏だ。一般的なFOSS貢献者に比べると、同氏の経歴は一風変わっている。ニュージーランドで独立系のラジオ局を開設したり、オーストラリアとオランダでインターネット・サービス・プロバイダを運営したりなど、さまざまな事業を手がけてきた人物だ。

 だが、FLOSS Manualsが誕生した背景は、一般的なオープンソース・プロジェクトと変わらない。すなわち、何らかの欲求や要求を満たすために始められたプロジェクトである。フリー/オープンソース・ソフトウェアに関するワークショップを運営して生計を立てていたHyde氏は、その参加者向けのドキュメント作成を手がけるようになった。そこで同氏が認識したのは、「フリーソフトウェアのドキュメントをめぐる状況はきわめて悲惨だ」ということだった。「それで私は、ワークショップのためのドキュメント作成にとどまらず、その成果物をインターネットに載せ、中身をどんどん増やしていった」。さらには、ドキュメントをwikiに移し、管理しやすくした。

 その後同氏は、コンテンツの利便性をさらに高めようと決心した。もっと多くの人に、思いどおりの方法でドキュメントを読んでもらい、拡張や利用を進めてもらいたいとの思いからだ。こうして、2007年に非営利組織としてFLOSS Manualsを立ち上げた。

 現時点で、FLOSS ManualsのWebサイトには、さまざまな規模や内容の文書が30種類以上掲載されている。取り上げられているソフトウェアは、Inkscape, VLCBlenderAudacityなどだ。

 同氏は各ドキュメントを、「自由という意味でのフリー」な方法で公開している。適用するライセンスは、GNU General Public License(GPL)バージョン2だ。必要に応じて、GNU Free Documentation License(FDL)もあわせて適用している。

 コンテンツは、FLOSS ManualsのWebサイト上で閲覧できるだけではない。一部のマニュアルについては、オンデマンド出版サービスのLulu.com内に開設された同プロジェクトのストアから、印刷品質のPDFをダウンロードできる。さらに、きちんと製本された書籍版も、同ストアから有償で購入可能だ。

 FLOSS Manualsでは、公開したコンテンツの複製や共有を積極的に推奨している。印刷版の書籍には、「Please Copy!(コピー大歓迎)」との記述もある。