SSHMenuだけでSSH接続を開始する

 SSHMenuは、SSHで接続したいホストの設定可能なドロップダウンリストを表示するボタンをGNOMEパネルに追加するアプレットである。

 SSHMenuは、Ubuntuのリポジトリにgnome-applet-sshmenuとして、Fedoraのリポジトリにgnome-applet-sshmenuとして、それぞれパッケージされており、そこから入手できる。この2つのディストリビューションで利用できる他のSSHMenuパッケージにはGNOMEサポートが含まれていない。それらのパッケージでは、いずれかのホストにSSHで接続したいとき、SSHメニューへのボタンが専用のウィンドウで起動され、xtermが起動される。GNOME対応のSSHMenuパッケージをインストールすれば、パネルを右クリックし、「Add to Panel...」を選択し、「SSH Menu Applet」を選択することで、SSHMenuをパネルに追加できる。GNOME対応のSSHMenuを使用すると、gnome-terminalが起動されてSSH接続を処理するので、gnome-terminalでホストごとに使用されるプロファイルを選択できる。それにより、端末が接続されるホストを表すものとして端末のフォントと背景色を指定できる。

SSHMenuを使用しない場合

 GNOMEを使用する場合、アプリケーションランチャーパネルアプレットを使ってSSH接続オプションのパーソナルメニューを表示して、SSHMenuの機能の多くを模倣することができる。たとえば、alacarteを実行してGNOMEメニューを編集し、SSH接続用の新しいメニューと、開始したいSSH接続ごとに新しいメニュー項目を作成できる。その後、このメニューをパネルに追加すれば、SSHMenuタイプの機能に(すべてのSSH接続にメニューとそのサブメニューから)アクセスできるようになる。また、よく接続する個々のSSHホストもパネル自体に追加して、シングルクリックでアクセスできるようにすることができる。

 上述の設定でgnome-terminalのプロファイルを使用すると、SSH接続ごとに異なるフォントとカラーのパラメータを指定できる。ランチャーは次のようなものを実行する。

gnome-terminal --window-with-profile=me@overthere.example.com

 ここで、gnome-terminalプロファイルme@overthere.example.comはカスタムコマンド「ssh me@overthere.example.com」を使って、そのプロファイルで作成された端末をリモートホストに自動的に接続する。

 それぞれのユーザとホストの組み合わせについて明示的なプロファイルを用意するという保守上の厄介な問題がすぐに生じる。テスト用に一群の仮想マシンを実行する場合は、単一のgnome-terminalプロファイルを用意し、SSHMenuを使って特定のユーザとホストとして接続するのが賢いやり方かもしれない。