Webページのキャプチャに便利なFirefoxアドオン「Pearl Cresent Page Saver Basic」

 Firefoxでネットサーフィンしていて、「いま見ているページを保存したい」と思った時、誰もがやることは「名前を付けてページを保存」することだろうか。もしくは、プリントアウトする人もいるかもしれない。それ用のユーティリティを使ってPDFファイルで保存する人もいるだろう。今回紹介するのは、キャプチャして画像ファイルとして保存する方法だ。

 画像キャプチャと聞くと、いったいどういう方法を想像するだろうか。一番簡単な方法は、キーボードの「Print Screen」キーを押してディスプレイのハードコピーを撮り、ペイントなどのツールに張り付けて保存する、といったものだ。

 しかしこれでは、縦や横に長く、ディスプレイ上で隠れて見えなくなっている部分のキャプチャは撮れないし、逆に不要な部分も入ってしまう。

 そこで、キャプチャ用のツールを利用する人がいると思うが、FirefoxでWebページをキャプチャするなら「 Pearl Cresent Page Saver Basic 」というアドオンをオススメしたい。これを利用すると、いかに縦長なページであっても1枚の画像としてファイルに保存することが簡単にできてしまうのだ。なお、Pearl Cresent Page Saverには、有料(15USドル)のPro版も存在するが、普通に利用する分にはフリーのBasicでまったく問題ない。

pagesaver01.png
図1:Pearl Cresent Page Saverのカメラアイコン

 インストールは、Pearl Cresent Page SaverのWebサイトにアクセスし、「Install Page Saver Basic」をクリックする。ページ上部に「あなたのコンピュータを保護するため、Firefoxにこのサイト(pearlcrescent.com)はソフトウェアのインストールを要求できない設定になっています。」という警告が表示されたら、「許可」をクリックしていただきたい。するとインストール確認のダイアログが表示さるので、「今すぐインストール」をクリックし、指示に従って再起動すればいい。「ツール」→「アドオン」にPearl Cresent Page Saver Basicが追加され、ツールバーの右端にもカメラのアイコンが表示されるはずだ。

 何も考えずに、まずはキャプチャを撮ってみよう。使用方法は簡単だ。画像に保存したいWebページを開き、カメラのアイコンをクリックするとファイルの保存ダイアログが開くので、保存先とファイル名を指定するだけだ。これでWebページ全体が指定したファイル名で保存される。なお、ファイル形式は、JPEGとPNGから選択できる。

pagesaver02.png
図2:▼のプルダウンメニュー

 また、カメラアイコン右の▼をクリックするか、画面上で右クリックし、「表示部分のみを画像として保存」と「ページ全体を画像として保存」のうち、キャプチャしたい形式を選択してもよい。もしWebページがフレームで分かれている場合は、フレームごとの画像保存も可能だ。

 このPearl Cresent Page Saver Basicのすごいところは、Flashコンテンツも含めてキャプチャできることだ。Flashコンテンツをキャプチャする場合は、カメラのアイコン右の▼をクリックして「Flashコンテンツをキャプチャー」にチェックを入れておく。これでFlashコンテンツも静止画としてキャプチャすることができる。なお、このチェックを入れないと、Flashコンテンツ部分は空白になってキャプチャされるので注意。逆にこれを利用して、Flash広告をキャプチャしたくないという場合は、チェックをしないでおくのがよいだろう。