HandBrake日本語版の使い方:DVD/動画ファイルを変換する

 YouYubeなどの動画サイトが広く受け入れられたこともあり、動画を編集してオリジナルの作品を作るユーザーが増えている。そしてそれ以上に増えているのが既存の動画のファイル形式や圧縮形式を変換するユーザーだ。そこで今回は、オープンソースの動画変換ツールHandBrakeの使い方を紹介したい。HandBrakeはDVD/動画ファイルからの変換に対応する使い勝手の良い変換ツールだ。

 元々BeOS用に開発されたHandBrakeだが、まず初めにMac OS X版が登場し、現在ではWindowsやLinuxにも対応している。今回は、HandBrake日本語版サイトで配布されているWindows版バイナリを利用した。なお、HandBrake本家ではMac OS X版やLinux(Ubuntu)版のバイナリも配布されているが、現在のところ日本語版サイトにあるバイナリはWindows版のみである。

 HandBrake日本語版サイトのダウンロードページから、「handbrake093jp-b1.zip」をダウンロードしたら、ZIPファイルを展開してフォルダごと適当なディレクトリに配置しておけばよい。特にインストーラなどは用意されていないので、これでインストールは完了だ

handbreak01_thumb.png
図1:HandBrakeのメイン画面

 HandBrakeを起動すると、図1のメイン画面が表示される。基本的な使い方の流れは、以下のようになる。

  1. 変換元と保存先の指定
  2. 出力形式と品質の指定
    • プリセットからの指定
    • 映像・音声品質の個別指定
  3. エンコード

変換元と保存先の指定

 まずは変換元を指定する。ツールバーの変換元ボタンをクリックして、プルダウンメニューに表示された「動画ファイル」「DVD/VIDEO_TSフォルダ」「DVDドライブ」から変換元に合わせて項目を選択する。「動画ファイル」「DVD/VIDEO_TSフォルダ」を選択するとファイルオープンダイアログが開くので、動画ファイルまたはDVDフォルダ(もしくはDVDフォルダ内のVIDEO_TSフォルダ)を指定すればよい。変換元ファイル形式としては、AVI、WMV、MPG(MPEG-1/MPEG-2)、MP4、M4V、MKV、OGM、FLVなどに対応している。

 「DVDドライブ」の項目はドライブにDVDメディアをセットした状態で有効となるが、HandBrakeはCSSで暗号化されたメディアに対応していない。そのため、DVDから直接変換できるのは暗号化されていない作品に限られる。暗号化された作品を変換したい場合は、あらかじめ別のツールでリッピングしておき、「DVD/VIDEO_TSフォルダ」で指定することになる。

 さて、変換元を指定すると、「変換元」フィールドの下の「タイトル」と「チャプター」が有効になる。DVDフォルダ/DVDメディアから変換する場合、メインタイトルとその開始チャプター、最終チャプターが自動的に設定されるが、別のタイトルを変換対象にしたり、開始/終了チャプターを変更することもできる。

 次に保存先を指定するが、それには「保存先ファイル」にある「ブラウズ」をクリックして、保存先フォルダとファイル名を指定すればよい。ファイル形式(コンテナ形式)はMP4、M4V、AVI、OGM、MKVの5つが指定できる(M4VはMP4コンテナで使われる拡張子の1つで、MP4との実質的な違いはない)。なお、「保存先ファイル」で指定したファイル名の拡張子は、「フォーマット」の設定に合わせて自動的に変更されるので、後からフォーマットを変えても保存先ファイル名を指定し直す必要はない。とりあえず、デフォルトのMP4にしておけばよいだろう。

お詫びと訂正:
 記事掲載当初は「元々Mac OS X用に開発されたHandBrake」となっておりましたが、HandBrakeは最初はBeOS向けに開発されたアプリケーションでした。お詫びして訂正いたします。