遂に日本語に対応した「Linux Mint 6」

 現在もっとも人気の高いデスクトップ用Linuxディストリビューションのひとつといえば間違いなくUbuntuだが、そのUbuntuにはさまざまな派生バージョンが存在する。今回紹介するLinux Mintはそのエレガントな外観(図1)と操作性の良さでダントツの人気を誇っているUbuntuベースのディストリビューションだ。DistroWatchにおける、ここ12ヶ月のページヒットランキングではUbuntu、OpenSUSEに続いて3位に付けていることからも、その注目度のほどをうかがい知ることができるだろう。

mint01_thumb.png
図1:Linux Mintの3Dデスクトップ

 Linux MintはUbuntuをベースにしているため、そのバージョンアップもUbuntuのバージョンアップに追従するかたちを採っている。現在の最新版は、Ubuntu 8.10ベースのLinux Mint 6(コードネーム「Felicia」)だ。

Universalエディションで日本語に対応

 Linux Mintのインストールメディアはライブ版としても使用可能なISOイメージであるが、バージョン6では次の3つのエディションが提供されている。いずれも標準のデスクトップ環境はGNOMEである。

  • Mainエディション:1CD(664MB)で提供される。マルチメディアコーデックを含む。日本語には非対応
  • Universalエディション:Mainエディションの多言語対応版。1DVD(1.2GB)として提供される。マルチメディアコーデックは含まれていない。
  • x64エディション:Mainエディションの64ビット版

 このうち、MainとUniversalの両エディションは2008年12月15日のリリースだが、x64エディションは2009年2月6日にリリースされたばかりだ。

 Linux Mint 6から登場したUniversalエディションでは、待望の日本語を含む多言語対応が実現された()。ただし、国によってはライセンス上問題となりうる市販DVDの再生用のコーデックなどは、Mainエディションには含まれているが、Universalエディションからは外されている。もっとも、後述するようにマルチメディアコーデックは簡単に追加することができるため、この点にこだわってMainエディションを選ぶ必要はない。

※訂正 初出時「ライブ版として動作させた場合には英語のみ」という記述がありましたが、ブート画面のLanguageで「Japanese」を選択すれば、日本語対応となります。

mint02_thumb.png
図2:Mint Assistant

 以前のバージョンでは、Mainエディションからそれらのコーデックを除いたLightエディションが用意されていたが、今回のUniversalエディションはそれを元に多言語対応させたものだ。

 なお、今後は、CommunityエディションとしてKDEエディションやXFCEエディションなどデスクトップ環境が異なるエディションが登場する予定である。

 ちなみに、Ubuntuの場合、初期状態でrootユーザーを使用せずにsudoコマンド経由で管理コマンドを実行するように設定されている。それに対して、Linux Mintではインストール後の最初のログイン時に「Mint Assistant」が起動しrootを有効にするかどうかを設定することが可能だ(図2)。