初心者にも扱いやすくなった Debian GNU/Linux 5.0 (lenny)

 メジャーなLinuxディストリビューションの中で、もっともマニアックな香りがするのがDebian GNU/Linuxではないだろうか。インストールが難しい、システム設定が複雑といったイメージからか、これまでは初心者に敬遠されていた感は否めない。そのDebian GNU/Linuxの最新安定版(stable)リリースであるバージョン 5.0(コードネーム「lenny」)が、2009年2月14日にリリースされた。カーネルを2.6.26とした今回のバージョンアップでは、それほど目新しい新機能は少ないが、安定性と使い勝手の向上に重点が置かれている。筆者が1週間ほど使った感想としては、かつての難解で質実剛健といったイメージは影を潜め、デスクトップOSとしての完成度も、人気のUbuntuと比較してもそれほど遜色ない感じだ。なお、セキュリティ的な面の強化点として、LinuxをセキュアOS化するSELinuxが標準でインストールされるようになった(ただし、デフォルトでは無効になっているので有効にするには設定が必要)。

膨大なパッケージ数

 Debian 5で利用可能なパッケージ総数はなんと23,200個を超え、Debian 4(etch)の約18,000から5,000以上も増えている。そのため、バイナリパッケージをすべて含んだインストールメディアは、4~5枚のDVD、または28~32 枚のCDで提供される(枚数は対応アーキテクチャによる異なる)。さらに、今回のリリースでは新たに、すべてのパッケージを含むBlu-rayディスクのイメージも用意された。

 膨大なパッケージからソフトウェアを選択できる点は他の追随を許さないDebianの特徴だが、実際に個々のユーザーが利用するのはその一部だけだ。そのため、インストール時に高速なインターネットが使える環境であれば、リポジトリから必要なパッケージだけを取得してインストールすることが可能な、"netinst"イメージ(約180MB)、もしくはより小さい"businesscard"イメージ(約40MB)を使用するとよいだろう。もちろん、これまで同様、Debianの既存ユーザーはインストーラを使わずにアップグレードすることができる。

グラフィカル・インストーラによる簡単インストール

 かつてはインストールが難解といったイメージが強かったDebianだが、最近のバージョンではグラフィカル・インストーラの搭載により、驚くほど簡単にインストールが可能だ。このグラフィカル・インストーラはDebian 4から搭載された機能だが、Debian 4では「boot:」プロンプトに続いて「installgui」とキーボードからタイプする必要があった。それに対して、Debian 5ではインストール方式をメニューから選択できるように改良されている(図1)。「Graphical install」を選んだ後は、インストーラの指示に従ってインストールを進めればよい。

debian01_thumb.png
図1:インストール方式の選択

 ただし、Debianのグラフィカル・インストーラにはFedoraやUbuntuのインストーラにあるような既存のパーティションを縮小する機能はないので、Windowsとのデュアルブート環境を構築したい場合などは、「Parted Magic」などを使用してあらかじめインストール先のハードディスクに空き領域を確保しておく必要がある。いずれにせよ、Debianはインストールガイドを含む詳細な日本語のドキュメントが充実していることでも知られている。一度目を通しておいたほうが良いだろう。今回はDebian 5をデスクトップOSとして試してみるために、「ソフトウェアの選択」ステップで「デスクトップ環境」を選択した(図2)。

debian02_thumb.png
図2:インストール(ソフトウェアの選択)