フリー動画編集ツール Avidemuxの使い方: 動画のカットと結合

  Avidemux はさまざまな形式の動画に対応する、オープンソースの動画編集ツールだ。Windows、Mac OS X、Linuxなどで利用でき、編集機能はそれほど強力ではないものの、カットや結合といった基本的な機能は備えている。内蔵のフィルタを使ってリサイズ、インターレース解除、色調補正、シャープ/ソフトなどの処理を行うこともできる。単純な動画の形式変換にも使えるが、複数の動画を切り貼りして1本の作品にしたいときにも重宝するツールだ。

Avidemuxの対応形式

 まずはAvidemuxの対応形式を紹介しておこう。下の表に入力および出力で対応するファイル形式、映像形式、音声形式をまとめておいたので参照されたい。

Avidemuxの対応メディア形式
入力 出力
ファイル形式 映像形式 音声形式 ファイル形式 映像形式 音声形式
AVI
MPEG
WMV
ASF
QuickTime
3GP
MP4
OGM
MKV
FLV
Cinepak
DV
CRAM
FFV1
H.263
H.264
HuffYUV
MJPEG
MPEG-1, MPEG-2
MPEG-4 SP/ASP
MS MPEG-4
Raw RGB
Raw YV12
SVQ3
VP3
VP6F
WMV2, WMV3(VC-1)
Y800
MP3, MP2
AC3
DTS
Vorbis
AMR Narrow Band
AAC
AVI
MPEG
MPEG PS A+V
MPEG TS A+V
OGM
MP4
MKV
FLV
MPEG-1
MPEG-2
FFV1
H.263
H.264
HuffYUV
MJPEG
MPEG-4
Snow
Xvid
Y800
MP3, MP2
Vorbis
AAC
AC3
PCM, LPCM

 ご覧のように、Avidemuxの対応形式は多岐にわたっている。ただし、ファイル形式ごとに収容可能な映像/音声形式が異なるため、仕様上非推奨な組み合わせのファイルは、作成できたとしても再生時にトラブルを起こしやすい。たとえば、映像MPEG-2/音声MP2のMPEGファイルから映像H.264/音声VorbisのAVIファイルを作成したところ、変換は行えたものの再生時に音声が出力されないファイルになってしまった。OGMやMKVなら基本的にどんな映像/音声形式でも扱えるが、それ以外のファイル形式ではこのような問題が生じやすいので注意が必要だ。