確実な進化を感じさせる「Ubuntu 9.04」

 世界的に現在もっともポピュラーなLinuxディストリビューションといえば、Debian GNU/Linuxをベースに誰もが使用可能なデスクトップOSを目指して開発されているUbuntuであることに間違いない。DistroWatchのページヒットランキングでも、2005年以降は常にNo.1の座をキープしている。もともとデスクトップ用途でスタートしたディストリビューションだが、最近のバージョンでは、サーバ用途に特化したサーバ版も公開されている。2009年4月23日に、その最新版であるUbuntu 9.04(コード名「Jaunty Jackalope」)がリリースされた。オフィシャルサイトでは、デスクトップ版(Ubuntu Desktop Edition)、サーバ版(Ubuntu Desktop Edition)が1枚のCDイメージ(32ビット版および64ビット版)とし公開されているほか、今回はネットブック用のNetbook Remix版も同時公開された。なお、デスクトップ版に関しては、Ubuntu Japanese Teamによって日本語環境を強化した「9.04 Desktop 日本語 Remix CD」(32ビット版)がダウンロード可能だ。

ext4も設定可能なGUIインストーラ

 デスクトップ版の場合、インストールメディアはライブCDとしても利用できるのでインストール前に試すことができる。使い勝手に定評あるGUIインストーラによりインストールは簡単だ。基本的なインストール手順はこれまでと変わらないが、グラフィックなどは一部変更されている(図1図2)。

ubuntu-01-810_thumb.png ubuntu-02-904_thumb.png
図1:8.10のインストーラ 図2:9.04のインストーラ

 また、9.04では次世代ファイルシステムとして期待されているext4がサポートされた。ただし、デフォルトはこれまでと同じくext3である。ext4を使用するには手動でパーティションを設定する必要がある(図3)。

ubuntu-03_thumb.png
図3:手動で設定すればext4も使える

新しいイベント通知システム「NotifyOSD」

 デスクトップ版では標準のデスクトップ環境であるGNOMEが2.24から2.26に、OpenOfficeは2.4から3.0.1に更新されている。Ubuntu 8.10と比較して、見た目的にはメニュー項目など若干の相違はあるものの大きな違いはない(図4図5)。

ubuntu-04-810_thumb.png ubuntu-05-904_thumb.png
図4:8.10のデスクトップ 図5:9.04のデスクトップ

 9.04でユーザーにもっとも恩恵のあるのは、起動時間の短縮だろう。筆者の環境ではGRUBメニューからログイン画面が表示されるまでの時間は、8.10で35秒だったのが、9.04では26秒とかなりの短縮になった。

 また、9.04では、ハードウエアやアプリケーションからの情報をフローティングウインドウに表示する、イベント通知システムが刷新された。その開発フレームワークには、MacユーザーにはおなじみのGrowlに似た機能を提供するNotifyOSDが採用され、これまで以上にシンプルで一貫性のあるメッセージを表示可能になっている。表示されるフローティングウインドウのデザインも黒を貴重にしたものに変更された(図6)。対応アプリケーションも今後増えていくことだろう。ただし、実際使ってみた感想としては、メッセージの表示される時間が短いように感じた。数秒で消えてしまうので気がつかないことも少なくない。そのあたりをカスタマイズするための設定ツールも欲しいところだ。

ubuntu-06-1_thumb.png ubuntu-06-2_thumb.png
図6:ネットワークインターフェースからの通知(左)とPidgin(インスタントメッセンジャー)からの通知(右)