さまざまなファイル形式やISOイメージファイルの動画再生ができる「SMPlayer」の使い方

OSSショートガイド

 「SMPlayer」は、オープンソースの動画/音声再生ソフトウェア「MPlayer」をベースに、使いやすいインターフェイスが備えられたマルチメディアプレーヤーです。メニューなどはすべて日本語化されており、日本語環境でも快適に利用できるほか、内蔵コーデックを使用するためシステムを汚さず、軽量に動作する、といった特徴を備えています。

 また、多くの動画/音声ファイル形式やコンテナに対応しており、再生に必要なコーデック等はすべてインストーラからインストール可能です。また、DVDビデオなどのISOイメージファイルを直接再生できる機能も備えています。

マルチメディアプレーヤー「SMPlayer」
マルチメディアプレーヤー「SMPlayer」
SMPlayerが対応する動画/音声ファイル形式
コーデック/メディア/フォーマット 対応形式
動画コーデック 3ivx、Cinepak、DivX、DV、H.263、H.264/MPEG-4 AVC、HuffYUV、Indeo、MJPEG、MPEG-1、MPEG-2、MPEG-4、RealVideo、Sorenson、Theora、WMV、XviD
音声コーデック AAC、AC3、ALAC、AMR、FLAC、MP3、RealAudio、Shorten、Speex、Vorbis、WMA
コンテナ(ファイル形式) 3GPP(3GP)、ASF(WMV/WMA)、AVI、FLV、ISO(ビデオCDおよびDVDビデオ)、Matroska(MKV/MKA)、MOV、MP4、NUT、Ogg、OGM、RealMedia(RM)、VIDEO_TS/AUDIO_TS
物理メディア CD、DVDビデオ、ビデオCD

SMPlayerのインストール

 SMPlayerは、SourceForge.JPのダウンロードページなどからダウンロードできます。Windows版とLinux版が用意されていますが、Windows版のインストーラは「smplayer_<バージョン番号>_setup.exe」になります。途中でインストールするコンポーネントを選択できますが、ここで「Optional Codes」を選択することでRealVideoなどマイナーなコンポーネントの再生にも対応できるようになりますので、チェックを入れておくと良いでしょう。

SMPlayerのインストール
「smplayer_<バージョン番号>_setup.exe」がWindows用インストーラだ

「smplayer_<バージョン番号>_setup.exe」がWindows用インストーラだ

ダウンロードしたインストーラを実行する

ダウンロードしたインストーラを実行する

インストールは基本的には「Next」をクリックしていけばOK

インストールは基本的には「Next」をクリックしていけばOK

ライセンスが表示されるので「I accept the terms of the License Agreement」にチェックを入れて「Next」をクリック

ライセンスが表示されるので「I accept the terms of the License Agreement」にチェックを入れて「Next」をクリック

コンポーネントを選択する画面では、「Optional Codes」にチェックを入れておく

コンポーネントを選択する画面では、「Optional Codes」にチェックを入れておく

インストール先を指定する。通常はデフォルトのままでOKだろう

インストール先を指定する。通常はデフォルトのままでOKだろう

インストールが完了したら「Finish」でインストーラを終了できる

インストールが完了したら「Finish」でインストーラを終了できる