音質劣化のない可逆エンコーダ「FLAC」で音楽を楽しもう

OSSショートガイド

 現在、オンラインでの音楽配信では主にMP3やAACといった形式が使われています。MP3やAACは音楽ファイルを元のサイズの10分の1程度にまで圧縮できますが、わずかながら音質の劣化が発生してしまいます。いっぽう、音質をまったく劣化させずにファイルサイズを小さくできる圧縮手段もあります。このような圧縮は「可逆圧縮」と呼ばれており、圧縮率は小さいものの、圧縮・展開を行っても音質が変化しないのが特徴となっています。今回紹介する「FLAC」は、このような可逆圧縮を行う音声コーデックです。

 音楽ファイルをFLAC形式に変換したり、FLAC形式の音楽ファイルをMP3やWAVEファイルに変換するツールとしては、同名の「FLAC」というものがあります。ただし、このFLACに含まれているフロントエンドツールはWindows Vistaには対応していないため、注意が必要です。Windows VistaでFLAC形式ファイルの変換を行いたい場合、FLAC形式に対応した「MediaCoder」などを利用すると便利です。また、「CDex」などのリッピングツールでもFLAC形式に対応しているものがありますので、こちらを利用すると手軽に音楽CDをFLAC形式に変換できます。

FLACのインストール

 FLACのインストーラは、SourceForge.JPのダウンロードページから入手できます。「flac-1.2.1-win」以下の、「flac-<バージョン番号>.exe」が目的のインストーラとなります。

FLACのインストール
「flac-<バージョン番号>.exe」が目的のインストーラだ

「flac-<バージョン番号>.exe」が目的のインストーラだ

ダウンロードしたFLACのインストーラを実行する

ダウンロードしたFLACのインストーラを実行する

インストーラでは、基本的に「Next」をクリックしていけば良い

インストーラでは、基本的に「Next」をクリックしていけば良い

ソースコードなども同時にインストールできるが、通常は「FLAC Frontend」と「FLAC Tester」のみインストールすれば問題ない

ソースコードなども同時にインストールできるが、通常は「FLAC Frontend」と「FLAC Tester」のみインストールすれば問題ない

インストールが完了したら「Close」でインストーラを終了する

インストールが完了したら「Close」でインストーラを終了する