WMVやMP4、FLVといった動画ファイルをDVDビデオ化する「DVD Flick」の使い方

OSSショートガイド

 インターネット上の動画配信などでは、Windows Media Video(WMV)やMPEG-4、DivX、H.264といった形式が多く使われています。これらの動画形式は高品質のままファイルサイズを小さくできるという特徴がありますが、これらのファイルは一般的なDVDプレーヤーでは再生できません。今回紹介する「DVD Flick」は、このようなPC向けの動画ファイルをDVDビデオに変換してDVD±R/RWなどに書き込めるフリーソフトウェアです。

 DVDFlickはWindows Media VideoやH.264、MPEG-1/2/4、Flash Video、MotionJPEGなど多くの動画形式に対応しており、簡単な操作でメニュー付きのDVDビデオを作成できます。DVD FlickにはDVDライティングソフトが同梱されており、作成したDVDビデオをそのままDVD±R/RWなどに書き込むことができるほか、ISO形式のイメージファイルとして保存することもできます。

図 DVD Flick
図 DVD Flick

DVD Flickのインストールと日本語化

 DVD FlickはSouceForge.JPのダウンロードページからダウンロードできます。インストーラ版(拡張子は.exe)とZIP版が用意されていますが、通常はインストーラ版を利用すればよいでしょう。

 また、DVD Flickのユーザーインターフェイスはデフォルトでは英語ですが、別途配布されている日本語化パッチを適用することで、ユーザーインターフェイスを日本語化することが可能です。なお、Windows Vistaの場合は日本語化パッチを管理者権限で実行する必要があります。

DVD Flickのインストールと日本語化
インストーラ「dvdflick_setup_<バージョン番号>.exe」をダウンロードして実行する

インストーラ「dvdflick_setup_<バージョン番号>.exe」をダウンロードして実行する

ダウンロードしたインストーラを実行すると、インストーラが起動する。「Next」をクリックしてインストールを進めていく。基本的にはデフォルトのまま進めて問題ない

ダウンロードしたインストーラを実行すると、インストーラが起動する。「Next」をクリックしてインストールを進めていく。基本的にはデフォルトのまま進めて問題ない

ライセンスを確認する画面では「I accept the agreement」を選択して「Next」をクリックする

ライセンスを確認する画面では「I accept the agreement」を選択して「Next」をクリックする

インストールが完了したら「Finish」でインストーラを終了する

インストールが完了したら「Finish」でインストーラを終了する

http://dvdflick.popup.jp/からDVD Flickの日本語化パッチをダウンロードする。利用するDVD Flickのバージョンに対応したものをダウンロードしよう

http://dvdflick.popup.jp/からDVD Flickの日本語化パッチをダウンロードする。利用するDVD Flickのバージョンに対応したものをダウンロードしよう

ダウンロードしたZIPファイルを展開し、含まれているEXEファイルを実行する。なおWindows Vistaの場合、管理者権限で日本語化パッチを実行する必要がある

ダウンロードしたZIPファイルを展開し、含まれているEXEファイルを実行する。なおWindows Vistaの場合、管理者権限で日本語化パッチを実行する必要がある

DVD Flickのインストールフォルダが「適用先のフォルダ」に表示されるので確認し、「アップデート」をクリックする

DVD Flickのインストールフォルダが「適用先のフォルダ」に表示されるので確認し、「アップデート」をクリックする

日本語化に成功すると「アップデートのインストールが完了しました」ダイアログが表示される

日本語化に成功すると「アップデートのインストールが完了しました」ダイアログが表示される