約2年9か月ぶりにメジャーアップデートされた「Vine Linux 5」レビュー

 今回紹介するVine Linuxは、日本人にとって真に使いやすいLinux環境を目指して開発されている、国産のLinuxディストリビューションである。Project Vineのメンバーを中心に、当初はRed Hat Linuxをベースに開発がスタートしたが、現在では独自に開発が進められている。日本語環境の使いやすさと安定性から、個人用ユーザのデスクトップOSや教育用Linuxとして定評がある。

 そのVine Linuxの最新版「Vine Linux 5」が2009年8月24日にリリースされた(図1)。前回のメジャーリリースであるVine Linux 4.0がリリースされたのは2006年11月22日ということで、約2年9か月ぶりのメジャーリリースとなる。

 Vine Linux 5は、カーネルに2.6.27を採用し、対応アーキテクチャにはi386およびPowerPCに加えて、新たにx86_64が加わった(現時点でPowerPC用は準備中)。

図1 Vine Linux 5のデスクトップ画面
図1 Vine Linux 5のデスクトップ画面

USB/DVDメモリ用のインストールイメージ

Vine Linuxは、前バージョンまではCD1枚に収まるISOイメージとして提供されていた。バージョン5でもこれは引き継がれており、基本インストールCDイメージのサイズは683MBとなっている。さらに、Vine Linux 5では収録パッケージを追加したDVD/USBメモリ用ISOイメージ(1015MB)も新たに提供されている。

 これらはUSBメモリからでも起動可能なハイブリッドイメージとなっており、たとえばはi386用DVD/USB ISOイメージVine50-i386-CD.isoを/dev/sdbとして認識されているUSBメモリに書き込む場合、Linux上で次のように実行することでインストール用のUSBメモリを作成できる。

# cat Vine50-i386-CD.iso > /dev/sdb

 これにより、CD/DVDドライブを持たないNetBookなどへのインストールも可能になる。

 インストーラには、FedoraなどでもおなじみのAnacondaが採用されている。使い勝手の良いグラフィックモードのインストーラで、簡単にインストールが行える(図2~8)。

図2 Vine Linux 5のインストーラ
図2 Vine Linux 5のインストーラ
図3 インストールの種類の選択
図3 インストールの種類の選択
図4 ネットワークの設定
図4 ネットワークの設定
図5 ファイアーウォールの設定
図5 ファイアーウォールの設定
図6 アカウントの設定
図6 アカウントの設定
図7 美しい起動画面
図7 美しい起動画面
図8 ログイン画面
図8 ログイン画面