ファイルを安全に完全削除するツール「Eraser」のインストールと使い方

 仕事で作った機密ファイルや、パスワードリスト、家計簿、個人情報、あるいは秘密のポエム等々、たいていの人は他人と共有する訳にいかないデータを色々持っている事だろう。セキュリティの事を考えると、これらのファイルを単に移動や削除するのは危険だ。見た目は削除されていても元の場所には痕跡が残っており、他人が復元できてしまう可能性があるのだ。「Eraser」を使うと、これらの機密ファイルを安全かつ完全に移動したり削除する事が可能となる。

 Eraserはファイルが使用していた領域を特殊なパターンで繰り返し上書きすることによって、ファイルを極力復元不可能な状態にするソフトウェアだ。この処理はファイルのデータ領域だけではなく、NTFSのメタデータやディレクトリエントリなどにも行われる。そのため、削除されたファイルを復元することは難しく、非常に安全だ。また、ファイルの移動時に移動元ドライブのデータを完全に削除するという処理にも対応している。

 指定したファイルを削除するだけでなく、指定したフォルダを一括削除したり、ゴミ箱の中身、ハードディスク内の未使用領域に残っているファイルの痕跡なども削除対象には指定できる。さらに、これらの削除操作はスケジューラを使って定期的に自動実行することも可能だ。

WS000004.png
図1 ゴミ箱の中身を簡単に完全削除することも可能

Eraserのインストール

 Eraserはインストーラ形式で提供されているバイナリと、インストール不要でUSBメモリなどから起動できるポータブル版の2種類が提供されている。ここでは、エクスプローラ拡張を利用できるウィザード形式について説明していく。

 まず、 SourceForge.JPのプロジェクトから「Eraser-5.8.7_setup.exe」をダウンロードしよう。こちらがライブラリやシェル拡張などを含む完全なパッケージになっている。

 インストーラはウィザード形式の一般的なタイプで、特に変わったところはない。基本的にはすべて「Next」をクリックしてで進めていけばOKだ。また、途中でエクスプローラのショートカットメニューにゴミ箱を完全削除する項目を追加するかどうかなどが選択できる。通常は標準で選択されている「Full」を選んでおけば問題ない(図2、3)。

WS000000-thumb.png
図2 Eraserのインストーラ。一般的なウィーザー度形式になっている
WS000001-thumb.png
図3 ゴミ箱の追加メニューはインストールの有無を選択できる。通常はデフォルトで構わない