複数のコンピュータで一組のキーボードとマウスを共有する「Synergy」の使い方

 同時に複数台のPCを操作する場合、面倒なのがキーボードやマウスの扱いだ。たとえばデスクトップPCを操作しつつ、ノートPCでの作業も行いたいといった場合、その都度操作するキーボードとマウスを変えなければならない。このような場合に有用なのが、1組のマウスおよびキーボードを複数のPCで共有できるようにするツール「Synergy」である。

 Synergyはネットワーク経由でキーボードやマウスを共有するソフトウェアだ。Synergyを使うと、メインで使うコンピュータのキーボードやマウスをそのまま別のコンピュータでも使えるようになる。また、Windowsだけでなく、Mac OS XやLinux/各種UNIXにも対応しており、異なるOS間でもキーボードやマウスの共有が可能である。ただし、Synergyにはディスプレイを切り替える機能はないため、同時に使いたいPCにはすべてディスプレイが接続されている必要がある。

 なお、本記事ではSynergyをWindows環境で利用する場合について解説する。Mac OS XやLinux/UNIX環境で利用したい場合は、別途ドキュメントなどを参照してほしい。

Synergyのインストール

 Synergyは SourceForge.JPのダウンロードページから入手できる。「SynergyInstaller-<バージョン番号>.exe」がWindows向けのインストーラだ。なお、操作する側とされる側の両方にSynergyをインストールしておく必要がある。

 インストールではとくに設定しておくべき項目はない。最初にライセンスの承認を行う必要があるが、以後はインストール場所の指定等、すべてデフォルト設定で問題ない。

図1 Synergyのインストーラ画面。基本的にはデフォルトのまま「Next」をクリックしていけばよい

図1 Synergyのインストーラ画面。基本的にはデフォルトのまま「Next」をクリックしていけばよい

図2 インストールが完了したら、「Close」をクリックしてウィンドウを閉じよう

図2 インストールが完了したら、「Close」をクリックしてウィンドウを閉じよう