ハードディスクを完全消去する「DBAN」のインストールと使い方

 PCやハードディスクを中古店やオークションなどで処分する場合に気を付けたいのが、含まれるデータの消去処理だ。一般的にフォーマットを行えば含まれるデータは削除されると思われているが、フォーマットでは完全な削除は行われず、復旧ツールなどを利用すれば中のデータにアクセスできてしまう。データを完全に削除するには、DBANのような削除ツールを使うとよい。

 「データの完全削除」をうたうソフトウェアは有償・無償を問わず多くが存在するが、DBANはオープンソースであり、無償で利用できるのが特徴である。また、Linuxベースの専用システムを起動して削除を行うため、OSを問わずに利用できるのも特徴だ。Linuxベースといってもユーザーインターフェイスはとてもシンプルなので、Windowsユーザーでも問題なく利用できるだろう。

 シンプルではあるがその機能は充実しており、単純にハードディスク全体を消すだけでなく、特定のパーティションのみを削除する、といった操作も行える。また、消去アルゴリズムとして米国国防総省準拠アルゴリズム(DoD 5220.22-M)や、世界最高レベルと言われている「Gutmann」アルゴリズムなどが選択できるほか、消去に使用する乱数の生成アルゴリズムも選択可能だ。

図1 DBANのメイン画面

 図1 DBANのメイン画面

DBANのダウンロードとインストール

 DBANは SourceForge.JPのダウンロードページ から入手できる。前述のとおり、DBANは専用のシステムを起動して削除を実行するが、フロッピーディスクやUSBメモリからシステムを起動したい場合は「dban-1.0.7_i386.exe」を、CDから起動したい場合は「dban-beta.2007042900_i386.zip」をそれぞれダウンロードする(図2)。

図2 DBANのダウンロードページ。「dban-1.0.7_i386.exe」か「dban-beta.2007042900_i386.zip」をダウンロードする

図2 DBANのダウンロードページ。「dban-1.0.7_i386.exe」か「dban-beta.2007042900_i386.zip」をダウンロードする

フロッピーディスク/USBメモリからDBANを起動する

 まず、フロッピーディスクやUSBメモリにDBANをインストールし、そこからDBANを起動する場合について解説しよう。このとき起動に使用するメディアはフォーマットされ、メディア内のファイルはすべて削除されるので注意してほしい。  DBANをインストールするメディアをPCにセットしてダウンロードしたファイルを実行すると、図3のようなウィンドウが表示される。左上の「Drive」ドロップダウンリストからDBANをインストールするメディアがセットされているドライブを選択し、「Install」ボタンをクリックする。

図3 インストール先メディアが入っているドライブを選択し、「Install」をクリックする

図3 インストール先メディアが入っているドライブを選択し、「Install」をクリックする

 特に問題が発生しなければメディアにシステムが書き込まれ、ウィンドウが閉じられる。なお、このときインストール先メディアは一旦フォーマットされ、含まれるファイルはすべて削除されるので注意してほしい。

 DBANを起動するには、削除したいハードディスクが接続されたPCにここで作成したメディアをセットし、PCを再起動すればよい。もしDBANが起動しない場合はPCのBIOS設定画面を開き、フロッピーディスクもしくはUSBメモリからシステムを起動できる設定になっているかどうかを確認してみよう。

CDからDBANを起動する

 CD/DVD(CD-R/RW、DVD±R/RW)からDBANを起動する場合は、ダウンロードしたdban-beta.2007042900_i386.zipファイルを展開し、含まれるISOファイル(「dban-beta.2006042900_i386.iso」)をCD-R等に書き込めばよい(図4)。

図4 「dban-beta.2007042900_i386.zip」の中身。この中の「dban-beta.2006042900_i386.iso」をCD-R等に書き込む

図4 「dban-beta.2007042900_i386.zip」の中身。この中の「dban-beta.2006042900_i386.iso」をCD-R等に書き込む

 あとはフロッピーディスク/USBメモリの場合と同様、削除したいハードディスクが接続されたPCにこのCDをセットして再起動すればよい。