多数のデジカメに対応したRAWデータ現像ツール「UFRaw」

 デジタル一眼レフカメラの普及に伴い、RAW形式での写真撮影もだいぶ一般的となった。RAW形式はデジカメ内部で画像処理がされていない生のデータなので画質の劣化がなく、パソコンに取り込んでからも自由に画像処理できる半面、専用のソフトを使って「現像」作業を行う必要がある。しかし一口にRAW形式といっても、フォーマットはカメラメーカーや機種によってバラバラなので現像ソフトもそれぞれ違い、取り扱いが非常に不便だ。特にメーカーが違う複数のデジカメを使っていたり、デジカメを買い換えたりすると大きな問題になる。そんなときに使いたいのがオープンソースの現像ツール「UFRaw」だ。

 UFRawはキヤノン、カシオ、富士フイルム、ミノルタ、ニコン、オリンパス、パナソニック、ペンタックス、ソニーなど多数のカメラメーカーが使っているRAWデータに対応しており、すべて同様の操作で現像できる。しかも機能は非常に豊富で、露出やホワイトバランスなどの基本的な設定から、夜間撮影で使われるダークフレーム減算やカラープロファイルの設定なども可能だ。

 UFRawのインタフェースは図1のように一般的な現像ソフトとほとんど変わらないので、デジタル一眼レフの利用者ならすぐに使いこなせるだろう。友人や取引先から送られてきたRAW画像が開けないという人にもおすすめだ。なお、UFRawはMac OS XやLinux/各種UNIXでも利用できる。基本的な操作は変わらないが、この記事ではWindowsについて解説する。

図1 多数の形式に対応しているRAWデータの現像ツール「UFRaw」
図1 多数の形式に対応しているRAWデータの現像ツール「UFRaw」

 なお、本記事ではRAWSamplesで公開されているRAWファイルをサンプルとして利用している。このサイトではさまざまなメーカーのカメラで撮影されたRAWファイルが提供されているので、UFRawを試してみたい方はこちらから適当なRAWファイルを入手すると良いだろう。

UFRawのインストール

 UFRawはGUIの実装にGTK+(The GIMP Toolkit)を利用しているため、実行には「GIMP」あるいは「GTK+2」のランタイムが必要だ。ここではGIMPを使う方法を解説する。SourceForge.JPのダウンロードページから「gimp-<バージョン番号>-i686-setup.exe」をダウンロードしよう(図2)。なおGIMPには開発版と安定版で2つのバージョンがあるが、最新の開発版は標準のインストール先が安定版と異なり、そのままではUFRawが正常に動作しない。「GIMP + GTK+ (stable release)」−「GIMP <バージョン番号> + GTK+ <バージョン番号>」とフォルダを展開し、安定版を入手することをオススメする。

図2 「GIMP + GTK+ (stable release)」の中から「gimp-<バージョン番号>-i686-setup.exe」をクリックしてGIMPの安定版をダウンロードする
図2 「GIMP + GTK+ (stable release)」の中から「gimp-<バージョン番号>-i686-setup.exe」をクリックしてGIMPの安定版をダウンロードする

 GIMPのインストールはダウンロードしたインストーラを実行し、ウィザードの指示に従って「Next」をクリックしていけばよい(図3、4)。

図3 ウィザードの指示に従って「Next」をクリックしていく。インストールの確認画面では「Install now」をクリックする
図3 ウィザードの指示に従って「Next」をクリックしていく。インストールの確認画面では「Install now」をクリックする
図4 「Lanuch GIMP」のチェックを外し「Finish」をクリックするとGIMPのインストールは完了する。チェックを外し忘れるとGIMPが自動的に起動するので、×ボタンで終了しておこう
図4 「Lanuch GIMP」のチェックを外し「Finish」をクリックするとGIMPのインストールは完了する。チェックを外し忘れるとGIMPが自動的に起動するので、×ボタンで終了しておこう

 UFRawの本体はSourceForge.JPのダウンロードページから入手できる。通常は「ufraw-<バージョン番号>-setup.exe」をダウンロードするとよい。なお、SSE非対応のCPUを使っている場合は代わりに「ufraw-<バージョン番号>-no-sse.exe」をダウンロードしよう(図5)。

図5 通常は「ufraw-<バージョン番号>-setup.exe」をクリックしてインストーラ版をダウンロードする
図5 通常は「ufraw-<バージョン番号>-setup.exe」をクリックしてインストーラ版をダウンロードする

 UFRawのインストールはGIMP同様ウィザードの指示に従って進行する。特に設定を変更する必要はない。ただしGIMPの開発版を導入している場合はUFRawのインストール先を「C:¥Program Files¥GIMP-2.7」などに変更する必要があるので注意しよう(図6)。また現在使用している現像ツールの関連付けを変更したくないときは、対応する拡張子のチェックを外しておくとよい(図7)。

図6 UFRawのインストーラを実行し「Next」をクリックしていく。GIMPの開発版を導入した場合は「Select Destination Location」画面でインストール先を変更する
図6 UFRawのインストーラを実行し「Next」をクリックしていく。GIMPの開発版を導入した場合は「Select Destination Location」画面でインストール先を変更する
図7 「Select Additional Tasks」画面では関連付けの設定を変更できる
図7 「Select Additional Tasks」画面では関連付けの設定を変更できる