openSUSEの新版「openSUSE 11.2」レビュー

 openSUSE 11.1のリリースから約11か月、待望のopenSUSE 11.2がリリースされた。openSUSE 11.2では標準ファイルシステムがext4になるなど、多くの変更が加えられている。今回はこのopenSUSE 11.2の特徴や、インストールおよびデスクトップの使い勝手などをレビューして行く。

 openSUSEは、特にデスクトップ用として人気が高い。開発はコミュニティベースのopenSUSEプロジェクトによって行われているが、Novellのスポンサードも受けており、Red HatをスポンサーとするFedoraプロジェクトの成果がRed Hat Enterpriseのベースとなるのと同じように、openSUSEの開発成果はSUSE Linux Enterprise Serverなどに取りこまれる。最近はやりの、企業とコミュニティのコラボレーションによる開発形態を採用しているわけだ。

 openSUSE 11.2ではLinuxカーネル2.6.31を採用、デフォルトのファイルシステムはext4となった。デスクトップ環境のアップデートが行われているほか、設定管理ツール「YaST(Yet another Setup Tool)」の改良や搭載アプリケーションの更新・追加なども行われている。

図1 openSUSE 11.2のブート画面
図1 openSUSE 11.2のブート画面

エレガントなデストップ

 openSUSE 11.2には、メインのデスクトップ環境としてKDE 4.3、およびGNOME 2.28が搭載されている。後述するようにインストール時にどちらかを選択できるのだが、後からパッケージを追加して、ログイン時に切り替えて使用することも可能だ。どちらも非常に良くできており、日本語デスクトップ環境として完成の域に達してきたといえるだろう。ただし、openSUSE 11.2ではKDEがデフォルトのデスクトップとして設定されており、そのためか空気をイメージしたAirテーマを採用したKDE 4.3の方がデザインがエレガントで、使い勝手もよい感じだ。

 また、KDEにはWebブラウザ「Konqueror」やワープロソフト「KWord」、表計算ソフト「KSpread」といったソフトが用意されているが、openSUSEではそれらではなく、FirefoxやOpenOffice.orgがデフォルトのWebブラウザ/オフィスソフトとして使用されるよう設定されている。そのほか、「KNetworkManager」や「Amarok」といった人気の高いKDE3用のアプリケーションのポーティングも完了している。

図2 KDE 4.3(Airテーマ)利用時のデスクトップ
図2 KDE 4.3(Airテーマ)利用時のデスクトップ
図3 GNOME 2.28(Sonarテーマ)利用時のデスクトップ
図3 GNOME 2.28(Sonarテーマ)利用時のデスクトップ