シンプルながら必要十分な機能を備えたTwitterクライアント「Tween」の使い方

 最近注目を集めているWebサービスの1つに、「Twitter」がある。今回紹介する「Tween」は、Twitterをより便利に利用するための「Twitterクライアント」と呼ばれるアプリケーションの1つだ。シンプルなUIながら必要十分な機能を備えており、動作も軽量なのが特徴だ。

 最近注目を集めているWebサービスの1つに、「Twitter」がある。Twitterはユーザーが発言を投稿したり、「お気に入り」のユーザーの発言を閲覧する、といった機能を持つSNSの一種だ。投稿できるコメントが140字以内に制限されているのが特徴で、そのため「マイクロブログサービス」などとも呼ばれている。TwitterはWebブラウザから利用できるが、よりヘビーにサービスを利用するユーザーに向け、専用のクライアントも多数開発されている。今回紹介する「Tween」も、このようなTwitterクライアントの1つだ(図1)。

図1 シンプルかつ必要十分な機能を備えたTwitterクライアント「Tween」
図1 シンプルかつ必要十分な機能を備えたTwitterクライアント「Tween」

 Tweenはインスタントメッセンジャー風のUIを備えており、フォローしているユーザー(フォロワー)の投稿(ツイート、つぶやきなどと呼ばれる)をリスト形式で一覧表示できる。また、フォロワーの新規投稿をポップアップで表示する機能や、投稿者や内容などで投稿を振り分け表示するタブ機能なども備えている。ReplyやRTといったTwitterの機能にも対応しているほか、短縮URLサービスを利用してURLを自動的に短縮するなど、Twitterを利用するにあたって必要十分な機能を備えている。

Tweenのインストールと基本的な使い方

 TweenはSourceForge.JPのプロジェクトページからダウンロードできる。なお、本記事では2009年11月27日公開のバージョン0.8.0.0を使用している。TweenはZIP形式で配布されており、インストーラ等は含まれていない。そのため、インストールは適切なフォルダにZIPファイルを展開するだけでよい。

 Tweenの初回起動時には設定ダイアログが表示され、Twitterのユーザー名とパスワードの入力が求められる(図2)。もしTwitterのアカウントを作成していない場合は、事前にTwitterのWebサイトでアカウントを作成しておこう。

図2 Tweenの設定ダイアログ
図2 Tweenの設定ダイアログ

 設定ダイアログでユーザー名とパスワードを入力し「OK」をクリックすると、Tweenのメインウィンドウが表示される。メインウィンドウ上部にはフォローしているユーザーの投稿がリスト表示されており、ここで投稿を選択するとウィンドウ下段にそのユーザーのアイコンとともに投稿全文が表示される(図3)。

図3 Tweenのメインウィンドウ
図3 Tweenのメインウィンドウ

 また、新規投稿があった場合はタスクバーの通知領域からウィンドウがポップアップし、その旨が通知される(図4)。

図4 新規投稿を知らせるポップアップ
図4 新規投稿を知らせるポップアップ

 発言を投稿するには、ウィンドウ最下部のテキストボックスにメッセージを入力してEnterキーを押すか、もしくはテキストボックス横の「Post」ボタンをクリックすればよい。また、ほかのユーザーの投稿をダブルクリックするとその発言者に向けた投稿(@付き投稿)が行える。

図5 発言は画面下のテキストボックスで行う
図5 発言は画面下のテキストボックスで行う

 投稿を右クリックするとショートカットメニューが表示され、ここから「@返信」や「DM送信」、「ReTweet」(RT)、「Fav追加」(お気に入り登録)といった機能を実行できる。

図6 返信やDMの送信、ReTweet、お気に入り追加などはショートカットメニューから行える
図6 返信やDMの送信、ReTweet、お気に入り追加などはショートカットメニューから行える