ffdshowのインストールと基本的な設定、使い方

 ffdshowは、さまざまな動画/音声ファイル形式に対応したコーデックだ。これをインストールすることで、Windows Media PlayerなどのメディアプレーヤーでDivXや Xvid、H.264形式動画など、さまざまな動画/音声ファイルを再生できるようになる。

 Windowsには動画/音声プレーヤーとしてWindows Media Playerが搭載されている。しかし、Windows XP/VistaのWindows Media Playerはデフォルトでサポートする動画/音声形式が少なく、DivXやXvid、H.264形式といった形式の動画やAAC形式の音声などは再生できない。また、Windows XP以前ではDVD-Videoの再生も行えない。そこで導入をおすすめしたいのが、さまざまな動画/音声ファイル形式に対応したDirectShowフィルタ/VFWコーデック「ffdshow」だ(図1)。

図1 ffdshowのコーデック設定画面
図1 ffdshowのコーデック設定画面

 ffdshowをインストールすることで、Windows Media PlayerやMedia Player Classic(MPC)などのDirectShowフィルタ対応メディアプレーヤーで、さまざまな形式の動画や音声を再生できるようになる。対応する動画/音声コーデックは以下の表1のとおりだ。

表1 ffdshowがサポートする代表的なコーデック
動画 H.264/AVC、Xvid、DivX 3/4/5/6、MPEG4、H.263、FLV1、VP3/5/6、VP6F(Flash Video)、MPEG1/2、WMV7/8/9、Motion JPEG(MJPEG)、Real Video
音声 MP3、MP1/2、AC3、DTS、AAC、WMA 7/8/9、Vorbis、ATRAC3

 なお、現在ffdshowの最新版は「ffdshow-tryout」という名称で、オリジナルの開発者とは異なる開発者が開発を進めている。ffdshow-tryoutは開発がほぼ止まっているオリジナルのffdshowにさまざまな機能追加や改良を加えたものだ。本記事ではこのffdshow-tryoutを使用してインストールや設定の解説を行っている。

ffdshowのダウンロードとインストール

 ffdshowはSourceForge.JPのダウンロードページからダウンロードできる。「リリースファイル一覧」の上部には最新ファイルが表示されているが、こちらには開発版であるSVN版も表示されているので注意して欲しい。SVN版はより最新の機能が利用できるものの、バグが残っている可能性がある。筆者が確認したところ最新のSVN版にはインストーラのメニューやスタートメニューに登録される項目が文字化けする問題が見られた。そのため、通常は安定版(公式ベータ版)を利用することをおすすめする。

 最新の安定版は、その下の「Official Release」→「generic build(stable)」の順にクリックすると表示される(図2)。2009年12月上旬現在、最新の安定版は「ffdshow_beta6_rev2527_20081219.exe」(2008年12月22日公開)だ。

図2 ダウンロードページでは「Official Release」→「generic build(stable)」の順にクリックすると最新の安定版が表示される
図2 ダウンロードページでは「Official Release」→「generic build(stable)」の順にクリックすると最新の安定版が表示される

 ダウンロードしたファイルを実行すると、インストーラが起動するので、指示に従ってインストールを進めていこう(図3)。

図3 ffdshowのインストール
まず言語を設定するウィンドウが表示されるので、「Japanese」を選択する

まず言語を設定するウィンドウが表示されるので、「Japanese」を選択する

「次へ」をクリックする

「次へ」をクリックする

インストール先を指定する。通常はそのままで「次へ」をクリックすればOK

インストール先を指定する。通常はそのままで「次へ」をクリックすればOK

インストールするコンポーネントを選択する。通常は「VFWインターフェース」のみをチェックしておけば問題ない。AviSynthやVirtualDubといったソフトウェアを使っている場合は、対応するアプリケーションプラグインや「AviSynthスクリプトサービング」もチェックしておくと良いだろう

インストールするコンポーネントを選択する。通常は「VFWインターフェース」のみをチェックしておけば問題ない。AviSynthやVirtualDubといったソフトウェアを使っている場合は、対応するアプリケーションプラグインや「AviSynthスクリプトサービング」もチェックしておくと良いだろう

スタートメニューに登録する名称を指定する。こちらもそのままで問題ない

スタートメニューに登録する名称を指定する。こちらもそのままで問題ない

ffdshowに関連付ける動画/音声形式を選択できる。通常は特に変更せず「次へ」をクリックすればよい。これらの設定はインストール後でも変更が可能だ

ffdshowに関連付ける動画/音声形式を選択できる。通常は特に変更せず「次へ」をクリックすればよい。これらの設定はインストール後でも変更が可能だ

PCに接続しているスピーカーを選択する。通常は「2.0(ステレオ)」だが、5.1chサラウンドのスピーカーを接続している場合は「5.1(フロント3ch+サイド2ch+サブウーファー)」を選択しよう。こちらもインストール後の設定変更が可能だ

PCに接続しているスピーカーを選択する。通常は「2.0(ステレオ)」だが、5.1chサラウンドのスピーカーを接続している場合は「5.1(フロント3ch+サイド2ch+サブウーファー)」を選択しよう。こちらもインストール後の設定変更が可能だ

VirtualDubプラグインをインストールするよう指定した場合は、ここでVirtualDubプラグインのインストール先を指定する。そのまま「次へ」をクリックしてかまわない

VirtualDubプラグインをインストールするよう指定した場合は、ここでVirtualDubプラグインのインストール先を指定する。そのまま「次へ」をクリックしてかまわない

インストールが完了すると、各種設定を行うかどうかの画面が表示される。ここで特に設定を行う必要はないので、それぞれのチェックを外して「完了」をクリックしよう

インストールが完了すると、各種設定を行うかどうかの画面が表示される。ここで特に設定を行う必要はないので、それぞれのチェックを外して「完了」をクリックしよう