動画ファイルから本格的なメニュー付きのDVDビデオを作成する「DVDStyler」 の使い方

 動画共有サイトの相次ぐHD対応や、携帯などの機器に搭載されたカメラの進歩によって、パソコン上で高画質な動画を扱う機会は以前と比べて格段に増えた。しかし、ダウンロードしたり機器から転送したりした動画は、一般にパソコンでしか再生できない。せっかくの高画質な動画なのだから、大画面のテレビで家族や友人と一緒に楽しみたいという人も多いことだろう。そこで役に立つのが高機能なDVDビデオ作成ツール「DVDStyler」だ。

 フリーで利用可能なDVDビデオ作成ツールはほかにもDVD Flickなどがあるが、DVDStylerは有償のオーサリングソフト顔負けの高度なメニュー作成機能が特徴だ。単に動画の再生リストを表示するだけではなく、メニュー画面の背景からボタンの配置、バックで流れる音楽なども指定できる。

 以前は扱える動画形式がMPEG1とMPEG2のみであり、ほかのツールと組み合わせて使うのが前提だったが、現在では一般的なMPEG4、H.264、WMV、AVIなどのさまざまな動画ファイルに対応しており、手軽に利用できる。見栄えがよいDVDビデオを作成したいときは是非使ってみたいツールだ(図1)。

図1 DVDStylerは市販ソフト並の高度なメニュー編集機能を持つDVDオーサリングツールだ
図1 DVDStylerは市販ソフト並の高度なメニュー編集機能を持つDVDオーサリングツールだ

DVDStylerのインストールと日本語化

 DVDStylerはバージョン1.7.0までUIの日本語表記に対応していたが、最新版では日本語対応が削られている。ただし、バージョン1.7.0の言語ファイルを利用して、最新バージョンを日本語化することは可能だ。まずはSourceForge.JPのダウンロードページを開き、「dvdstyler」フォルダをクリック。「1.7.0」フォルダをクリックして「DVDStyler-1.7.0-win32u.exe」をダウンロードする。その後、同様に最新の安定版(原稿執筆時点では「DVDStyler-1.7.4_1-win32.exe」)をダウンロードしよう(図2)。

図2 DVDStyler1.7.0と最新の安定版をダウンロードする
図2 DVDStyler1.7.0と最新の安定版をダウンロードする

 ダウンロードしたDVDStyler-1.7.0-win32u.exeを実行してDVDStyler1.7.0をインストールする。インストーラは標準的なウィザード形式なので、指示に従い「Next」をクリックしていけばよい。最後の画面では「Launch DVDStyler」のチェックを外して「Finish」をクリックする。DVDStylerが起動してしまった場合は終了しておこう(図3)。

図3 先にDVDStyler1.7.0をインストール。「Launch DVDStyler」のチェックを外しておく
図3 先にDVDStyler1.7.0をインストール。「Launch DVDStyler」のチェックを外しておく

 続いて最新版のインストールを行う。1.7.0同様に「Next」をクリックしていけばよいが、途中で「kikin」というソフトのインストールが要求される。kikinはGoogleの検索結果ページに機能を追加するIEおよびFirefoxのプラグインだが、DVDStylerの動作には必要ないので「No,thanks.」を選んでから「Next」をクリックしよう(図4)。

図4 最新版をインストールする。この画面では「No,thanks.」を選択する
図4 最新版をインストールする。この画面では「No,thanks.」を選択する

 インストールが終わったら、DVDStylerをインストールしたフォルダ内の「locale」フォルダを開く。「ja」フォルダ内にある日本語言語ファイル「dvdstyler.mo」を、ほかの適当な言語のフォルダに上書きコピーする。今回はドイツ語の「de」フォルダにコピーした。(図5

図5 「C:\Program Files\DVDStyler\locale\ja\dvdstyler.mo」を「C:\Program Files\DVDStyler\locale\de\dvdstyler.mo」に上書きコピーする
図5 「C:\Program Files\DVDStyler\locale\ja\dvdstyler.mo」を「C:\Program Files\DVDStyler\locale\de\dvdstyler.mo」に上書きコピーする

 DVDStylerを起動すると「Welcome」ダイアログが表示される。ここから作成するDVDの設定を行うことも可能だが、16:9を選択するとビットレートがおかしくなる場合があるため使わない方が無難だ。「Don't show this dialog again」にチェックを入れ「OK」をクリックする(図6)。

図6 DVDStyler起動時に表示される「Welcome」ダイアログでは「Don
図6 DVDStyler起動時に表示される「Welcome」ダイアログでは「Don't show this dialog again」にチェックを入れる

 DVDStylerのメイン画面が表示されたら、メニューバーの「Configuration」-「Settings」を選択すると設定画面が表示される。「Language」から、先ほど日本語言語ファイルをコピーした言語を選択する。今回はドイツ語なので「Deutsch」を選んだ。「OK」をクリックし、DVDStylerを再起動すると日本語化が行われる(図7)。

図7 DVDStylerの設定画面で「Deutsch」を選択し、再起動すると日本語化される
図7 DVDStylerの設定画面で「Deutsch」を選択し、再起動すると日本語化される