HDDやSSDなどの速度を計測するベンチマークソフト「CrystalDiskMark」 の使い方

 HDDよりもはるかに速いSSDや、高速タイプと銘打つUSBメモリの普及によって、記憶メディアは容量のみならず読み書きの速度も注目されるようになった。最近では製品のパッケージやスペック表に速度が明記されることも増加している。だが、自分の利用しているモデルが実際にどれくらいの速度が出ているかはなかなか分からない。そこで役に立つのが記憶メディアのベンチマークテストツール「CrystalDiskMark」である。

 CrystalDiskMarkはHDD、SSD、USBメモリ、SDカード、NASなど各種記憶メディアの読み書き速度を計測する際のデファクトスタンダードともいえるツールだ。一般のユーザーに使われているだけではなく、ベンダーのWebサイトや雑誌記事などでも頻繁に目にすることができる。

 その最大の特徴は簡便性にある。記憶メディアの計測だけに機能が絞り込まれているため、わずかクリック1つで即座に計測が実行できる。また、計測結果はソフト独自のスコアではなく、シーケンシャルとランダムを分けた実測値で表示されるので、初心者でも容易に理解できるだろう(図1)。

図1 CrystalDiskMarkは1クリックで記憶メディアの読み書き速度を計測できる
図1 CrystalDiskMarkは1クリックで記憶メディアの読み書き速度を計測できる

CrystalDiskMarkのダウンロードと計測の準備

 CrystalDiskMarkはSourceForge.JPのダウンロードページからポータブル版を入手できる。作者のサイトからはインストーラ版をダウンロードできるが、機能的には全く変わらない。単機能なツールであり、日常的に連続使用するわけでもないため、導入の手間がいらないポータブル版の方が使いやすいだろう。ポータブル版はこの項の執筆時点でバージョン2.2.0のバイナリが4つ配布されているが、最新は「CrystalDiskMark2_2_0n.zip」である(図2)。

図2 「CrystalDiskMark2_2_0n.zip」をクリックしてダウンロードする
図2 「CrystalDiskMark2_2_0n.zip」をクリックしてダウンロードする

 CrystalDiskMarkを実行する前に必ず計測対象になるドライブのデフラグを行おう。ドライブに断片化が発生していると計測結果はがた落ちし、正確な数値を取れなくなる。USBメモリなどの場合は全ファイルを削除して空の状態で計測するとよい。また、可能であればネットから切断し、セキュリティソフトを停止しておくのもおすすめだ(図3)。

図3 計測の前に必ずデフラグを実行しておく
図3 計測の前に必ずデフラグを実行しておく

 ポータブル版の場合はダウンロードしたアーカイブを適当なフォルダに解凍するだけで利用の準備が完了する。32ビット版のWindowsを使っている場合は「DiskMark.exe」を、64ビット版の場合は「DiskMarkX64.exe」を実行しよう(図4)。

図4 32ビット版は「DiskMark.exe」、64ビット版は「DiskMarkX64.exe」だ
図4 32ビット版は「DiskMark.exe」、64ビット版は「DiskMarkX64.exe」だ