HDDやSSDなどの速度を計測するベンチマークソフト「CrystalDiskMark」 の使い方 3ページ

その他の機能

 計測したデータはメニューバーの「編集」−「コピー」を選択するとテキストデータとしてクリップボードにコピーできる。テキストエディタに貼り付けて保存しておけるほか、記憶メディアの情報を掲示板やブログへ投稿するときにも役立つ(図10、11)。

図10 計測結果はクリップボードにコピーできる
図10 計測結果はクリップボードにコピーできる
図11 コピーしたデータをエディタに貼り付けて保存
図11 コピーしたデータをエディタに貼り付けて保存

 メニューバーの「テーマ」ではウインドウの外見を変更することができる。選べるテーマは8種類ある。スクリーンショットをウェブ上で公開するときなどに使うとよいだろう(図12)。

図12 テーマを選択して見た目を変更できる
図12 テーマを選択して見た目を変更できる

今回紹介したツール:CrystalDiskMark