HDD/SSDの健康診断を行うS.M.A.R.T.対応ツール「CrystalDiskInfo」 の使い方

 今回紹介するのは、ハードディスクの健康状態をチェックするツール「CrystalDiskInfo」だ。パソコンを構成する部品の中でも、ハードディスクは極めて重要である。ハードディスクの故障はデータの喪失を意味しているため、非常にダメージが大きい。ハードディスクの健康状態は外から見ているだけでは分からないため、このようなツールを使って定期的に確認しておきたい。

 S.M.A.R.T.はHDDやSSDに内蔵されている自己診断機能で、「Self-Monitoring Analysis and Reporting Technology」の略となる。S.M.A.R.T.を用いてHDDなどの状態を定期的にチェックすることで故障や障害の前兆を早期発見したり予測できるのだ。CrystalDiskInfoはシンプルなUIでS.M.A.R.T.情報をチェックしやすいほか、一般的なHDDチェックツールが対応していないUSB外付けHDDの多くに対応している。また、最近急速に普及しているSSDにも対応している。SSDはHDDと仕組みが大きく違うため、非対応のツールでは正常な情報を取得できないが、CrystalDiskInfoならIntel、MTRON、SAMSUNG、Indilinxのコントローラを搭載したSSDの情報を表示可能だ。

 また、CrystalDiskInfoではGoogleの調査に基づいた診断基準を採用しており、信頼性が高い。ただし、同様の論文でHDDはS.M.A.R.T.の数値に一切問題がないまま突然死することが少なくない、とも報告されている。すべての故障を早期発見、予測できるわけではないので注意しよう。とはいえ1つの指針としては十分役に立つはずだ(図1)。

図1 CrystalDiskInfoは手軽にHDDやSSDのS.M.A.R.T.情報を調べられる
図1 CrystalDiskInfoは手軽にHDDやSSDのS.M.A.R.T.情報を調べられる

CrystalDiskInfoのインストール

 CrystalDiskInfoはSourceForge.JPのダウンロードページからポータブル版を入手できる。作者のサイトからはインストーラ版をダウンロード可能だが、機能面での違いはないため、今回はポータブル版で解説する(図2)。

図2 CrystalDiskInfo<バージョン番号>.zipをダウンロードする
図2 CrystalDiskInfo<バージョン番号>.zipをダウンロードする

 ポータブル版の場合はダウンロードしたアーカイブを適当なフォルダに解凍するだけで利用の準備は完了だ。起動には「DiskInfo.exe」をダブルクリックで実行すればよい(図3)。

図3 アーカイブを解凍し「DiskInfo.exe」を実行する
図3 アーカイブを解凍し「DiskInfo.exe」を実行する