Ubuntu 10.04 LTSガイド(前編):Ubuntuのインストールと初期設定

 2年ぶりの長期サポート版となるUbuntu 10.04 LTS(Lucid Lynx)がリリースされた。UIが一新されたほか、独自の音楽配信サービス「Ubuntu One Music Store」やTwitterやFacebookといったSNSとの連携機能「Me Menu」など、意欲的な新機能が多数搭載されている。本記事ではこれら新機能を中心に、Ubuntu 10.04 LTSのインストーラや見どころを2回に分けて紹介する。

 2010年4月29日、Ubuntu 10.04 LTS(コード名Lucid Lynx)がリリースされた。GNOMEやX.orgといったデスクトップ環境の最新版が搭載されているほか、ユーザーインターフェイスのデザインも刷新されているのが特徴だ。また、Ubuntuの開発元であるCanonicalが提供するオンラインサービス「Ubuntu One」との連携や、TwitterやFacebookといったSNSとの連携機能など、意欲的な新機能も多数搭載されている。

 Ubuntuは通常6か月置きに新版がリリースされ、1年半でサポートが終了するという比較的早いサイクルでの製品リリースを行っているが、本バージョンは2年ごとにリリースされる長期サポート版(Long Term Support、LTS)となり、デスクトップ版で3年間、サーバー版で5年間のサポートが提供される。そのため、最新のソフトウェアや機能を利用したいユーザーだけでなく、長期に渡って安定した環境を利用したいユーザーにも向いているリリースと言えよう。

図1 Ubuntu 10.04 LTSのデスクトップ
図1 Ubuntu 10.04 LTSのデスクトップ

 Ubuntu 10.04 LTSは一般ユーザー向けのデスクトップ版に加え、ネットブック向けの「Netbook Remix」やサーバー向けの「Server Edition」が用意されている。また、2010年5月5日にはデスクトップ版をベースに日本語環境の改良が加えられた「デスクトップ版 日本語Remix CD」もリリースされている。日本語環境でUbuntuのデスクトップを利用したい場合、こちらがおすすめだ。本記事ではこのUbuntu 10.04 LTS デスクトップ版 日本語Remix CDを使用してレビューを行っている。

Ubuntu 10.04のインストール

 Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ版 日本語Remix CDは、Ubuntu Japanese TeamのWebサイトから入手できる。CD-R/RW等に書き込んで利用するCDイメージのほか、Virtual BoxやVmwareといった仮想環境で利用できるディスクイメージも提供されている。CDイメージはLive CDとなっており、HDDへのインストールなしにUbuntuを試用することも可能だ。以下ではこのCDイメージからUbuntuを起動してインストールを行い、Windowsとのマルチブート環境を構築する例を紹介する。

 CD-R/RW等に書き込んだUbuntu 10.04 LTS デスクトップ版 日本語Remix CDを光学ドライブにセットしてPCを起動すると、図2のような画面が表示される。この状態で何も操作せずにしばらく待つと、自動的にCDからUbuntuのライブ環境が起動され、ひと通りの機能を試用することができる。また、ここでキーボードの任意のキーを押すと、図3のようなブートメニューが表示される。

図2 Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ版 日本語Remix CDのブート画面
図2 Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ版 日本語Remix CDのブート画面
図3 Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ版 日本語Remix CDのブートメニュー
図3 Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ版 日本語Remix CDのブートメニュー

 ブートメニューではキーボードの「↑」「↓」キーで項目選択が可能だ。「インストールせずにUbuntuを試してみる」を選択してEnterキーを押すとUbuntuのライブ環境が起動する。また、「Ubuntuをインストール」を選択すると直接Ubuntuのインストーラを起動できる。