複数の音楽ファイルの音量調整をまとめて行える「MP3Gain」

 CDからパソコンに取り込んだ音楽ファイルは、音の大きさにバラツキがあることが多い。このようなファイルを再生するときは1曲ごとにボリュームを上下させる必要があり、非常に不便だ。そこで利用したいのが音量調整ツール「MP3Gain」である。

 MP3Gainは指定した複数のMP3ファイルを解析し、指定した音量に揃えてくれるツールだ。再エンコードを行わず、MP3ファイル内に記録されている音量の情報「グローバルゲイン」のみを書き換えるため、処理が非常に高速で音質の劣化も一切発生しない。また、MP3Gainで音量を変更したファイルはいつでも完全に元へ戻すことができる。

 また、MP3Gainと「AACGain」というツールを組み合わせることで、MP3のみならずiPodやiPhoneなどで利用されるM4A形式の音声ファイルや、MP4形式の動画ファイルの音量も調整できる。ただし、iTunes Storeで販売されているDRM付きのM4PファイルやAppleロスレス形式のファイル、WMAファイルには対応していないので注意しよう(図1)。

図1 MP3の音量を一定に揃える「MP3Gain」
図1 MP3の音量を一定に揃える「MP3Gain」

MP3Gainのインストール

 MP3GainはSourceForge.JPのダウンロードページから入手できる。Windowsのロゴが書かれたアイコンをクリックすると最新の安定版であるバージョン1.2.5をダウンロード可能だ。ほかにも複数のバージョンが配布されているが、バージョン1.3系列のベータ版はUnicode関連の微修正が行われているのみで安定版と機能面での差はない。また1.5系列のファイルは、DOSアプリケーションのみの配布であり、コマンドラインからの操作に若干の変更が施されたものだ。どちらも特別な事情がない限りダウンロードする必要はないだろう(図2)。

図2 SourceForge.JPから最新の安定版をダウンロードする
図2 SourceForge.JPから最新の安定版をダウンロードする

 インストールはダウンロードしたファイルを実行し、ウィザードの指示に従って進めればよい。注意点は「Choose Components」画面で「Language files」の「+」をクリックして展開してから「Japanese」にチェックを入れることだ。チェックを入れておけばインストール後にインターフェイスが自動で日本語表示される(図3、4)。

図3 「Choose Components」で「Language files」の「+」をクリックする
図3 「Choose Components」で「Language files」の「+」をクリックする
図4 「Japanese」にチェックを入れたら「Next」をクリックしてインストールを終了させよう
図4 「Japanese」にチェックを入れたら「Next」をクリックしてインストールを終了させよう

 日本語のヘルプファイルが必要な場合は、MP3Gainの公式サイト内にある配布ページからダウンロードできる。解凍してからMP3Gainをインストールしたフォルダ内にコピーしておくと、メニューバーや「F1」キーで参照可能になる(図5)。

図5 「Help file translations」の「Japanese」から日本語のヘルプを入手できる
図5 「Help file translations」の「Japanese」から日本語のヘルプを入手できる

 パソコンの環境によっては、インストールしたMP3Gainを起動しようとすると「MSCOMTL.OCXが存在しない」という旨のエラーが表示され、正常に起動できない場合がある。これはMP3GainのGUIフロントエンドがVisual Basicで書かれており、動作にVBのランタイムおよびコモンコントロールが必要になるためだ。エラーが表示されたらランタイムが同梱されている「mp3gain-win-full-1_2_5.exe」をSourceForge.JPのダウンロードページから入手してインストールを行うとよい。また、各種フリーソフト作者から配布されているVB6.0のランタイムパックを導入することでも起動できるようになる(図6)。

図6 エラーが表示される場合は「mp3gain-win-full-1_2_5.exe」をインストールするとよい
図6 エラーが表示される場合は「mp3gain-win-full-1_2_5.exe」をインストールするとよい