豊富な多言語辞書に対応した辞書ソフト「StarDict」

 電子辞書が広く普及している昨今、PCでオンライン辞書サイトを利用しているユーザーは多いだろう。これらは手軽に利用できる反面、特に多くの単語を調べたい場合などには使い勝手は良いとは言えない。そこでおすすめしたいのが、多彩な辞書が利用できる辞書ソフト「StarDict」である。

 StarDictは、ローカルの辞書ファイルおよびオンライン辞書に対応した辞書ビューワだ(図1)。辞書データは付属せず、別途公開されている辞書ファイルをダウンロードして利用する。また、オンラインで公開されている辞書サーバーにアクセスして利用することも可能だ。StarDict向けには多彩な辞書が公開されており、英和辞書や和英辞書などのほか、マイナーな言語の辞書も多い。

図1 多彩なフリー辞書を利用できる「StarDict」
図1 多彩なフリー辞書を利用できる「StarDict」

 なお、2010年5月28日現在、オフラインで利用するStarDict用の辞書ファイルはダウンロードできなくなっている。そのため、ここではオンライン辞書の利用を中心に紹介していこう。なお、StarDictのユーザーフォーラムに会員登録すれば(無料)、フォーラム内にアップロードされた辞書ファイルをダウンロードできる。

StarDictのダウンロードとインストール

 StarDictのインストーラはSourceForge.JPのダウンロードページから入手できる。「最新リリース情報」−「全リリース物件の表示」をクリックし、「StarDict-3.0.2」−「StarDict-3.0.2.exe」をダウンロードしよう(図2、3)。なお、StarDictはWindows版だけでなく、Mac OS X版やLinux版も公開されている。

図2 「最新リリース情報」−「全リリース物件の表示」をクリック
図2 「最新リリース情報」−「全リリース物件の表示」をクリック
図3 StarDict関連の登録ファイルは非常に多いので、「StarDict-3.0.2.exe」を見落とさないようにしよう
図3 StarDict関連の登録ファイルは非常に多いので、「StarDict-3.0.2.exe」を見落とさないようにしよう

 ダウンロードしたインストーラを実行すると、StarDictのインストールが始まる。インストーラは一般的なウィザード形式だ。インストール中は特に設定を行う画面はないので、画面を進める選択肢をクリックしていけばよい(図4、5)。

図4 一般的なウィザード形式のインストーラが起動する
図4 一般的なウィザード形式のインストーラが起動する
図5 ライセンスの確認画面では「I Agree」をクリックする
図5 ライセンスの確認画面では「I Agree」をクリックする

 インストール先のフォルダを変更できるが、とくに理由がなければデフォルトで進めよう。StarDictのインストール先と、StarDictを動作させるための「GTK環境」のインストール先の2つが必要だ(図6、7)。

図6 GTK環境のインストール先設定画面。通常はデフォルトのまま進めよう
図6 GTK環境のインストール先設定画面。通常はデフォルトのまま進めよう
図7 StarDict本体のインストール先。こちらもデフォルト設定で進めよう
図7 StarDict本体のインストール先。こちらもデフォルト設定で進めよう