Outlook以外のメールクライアントでExchangeを利用できる「DavMail」

 メールや予定表の管理にMicrosoft Exchangeを導入している企業は少なくない。中には新バージョンのExchange 2010に移行を進めている部署もあるだろう。だが、Exchangeは基本的にOutlook以外からはアクセスできず、Becky!やThunderbirdといったメールクライアントを使っているユーザーや、MacやLinuxで開発を行っている技術者にとっては非常に不便だった。そこで利用したいのが「DavMail」である。

 DavMailは、Exchangeサーバのデータを一般的なメールクライアントから利用可能なように変換するゲートウェイサーバだ。Exchangeサーバには外部からブラウザでメールを読み書きするための「Outlook Web Access」(OWA)というウェブメール機能が用意されている。DavMailは、このOWAに含まれている「WebDAV」機能(Exchange 2010では「Exchange Web Service」(EWS)機能)を利用して、POP/IMAPによるメール受信、SMTPによるメール送信を実現している。これに加えてLDAPによるアドレス検索や、CalDAV/CardDAVによる予定表/アドレス帳の同期まで実行可能だ。

 DavMailはサーバソフトなのでローカルPCにインストールして使うだけではなく、サーバ機にインストールして外部のPCから接続することも可能である。設定もサーバソフトとしては簡単で、複雑なネットワークの知識などは必要ない。クロスプラットフォームアプリケーションであり、OSを問わずにさまざまなメールクライアントを使えるのもありがたい。ただし、Exchangeサーバの設定によってOWAが無効にされている場合は利用できないので注意されたい。また、企業によっては使用を禁じられていることもある。管理者に必ず確認をとってから導入するようにしよう(図1)。

図1 好きなクライアントでExchangeにアクセスできる「DavMail」
図1 好きなクライアントでExchangeにアクセスできる「DavMail」

DavMailのインストール

 DavMailはSourceForge.JPのダウンロードページから入手できる。Mac版、Linux版も用意されているが、Windowsで利用するなら、Windowsのロゴとともに「DL」と書かれたボタンをクリックし、.exe形式のインストーラをダウンロードすればよい。.zip形式のファイルはサーバ用でGUIが付属しないため注意されたい(図2)。

図2 Windowsのロゴが書かれたボタンをクリックしてインストーラを保存する
図2 Windowsのロゴが書かれたボタンをクリックしてインストーラを保存する

 DavMailはJavaアプリケーションなので、動作にはJavaランタイムが必要になる。PCにランタイムがインストールされていない場合は、あらかじめダウンロードして導入しておこう(図3)。

図3 「無料Javaのダウンロード」をクリックしてランタイムを保存し、インストールしておく
図3 「無料Javaのダウンロード」をクリックしてランタイムを保存し、インストールしておく

 ダウンロードしたDavMailのインストーラを実行し、インストールを行う。インストーラは標準的なウィザード形式なので、言語の選択画面で「English」を選択した後に、画面の指示に従って「Next」をクリックしていけばよい。特に迷うところはないはずだ(図4、5)。

図4 言語選択画面では「English」を選んで「OK」をクリックする
図4 言語選択画面では「English」を選んで「OK」をクリックする
図5 インストールは「Next」をクリックしていくだけだ
図5 インストールは「Next」をクリックしていくだけだ