ClamWinベースのリアルタイム検出機能を備えたウイルス対策ソフト「Clam Sentinel」

 オープンソースのウイルス対策ソフトウェア「ClamWin」は無償で使用でき、レガシーなOSにも対応しているのが特徴だが、常駐保護機能がないという欠点もある。このためサブ用途およびロースペック機向けが主で、常用にはあまり適さなかった。そこで利用したいのが「Clam Sentinel」である。

 常駐保護は「リアルタイムスキャン」や「オートプロテクト」などとも呼ばれ、PCの動作を常に監視してウイルスの侵入を防ぐ、ウイルス対策ソフトの重要な機能だ。ClamWinにはこの常駐保護がないため、ファイルをダウンロードしたり解凍したりしたときは1つ1つ手動でスキャンする必要があった。Clam Sentinelを導入するとClamWinを使って常駐保護ができるようになり、PC上でファイルを追加/更新/コピーしたときに自動でウイルススキャンが実行されるようになる。わざわざ怪しいファイルを手動でチェックする手間がかからなくなるだけでなく、うっかりスキャンし忘れたことでウイルスの被害に遭うというリスクを減らすことができる。

 また、独自のヒューリスティックスキャン機能も有しており、ClamWinのウイルス定義ファイルに登録されていない新種のウイルスも検出可能だ。対応OSがClamWinと同様Windows 98以降なのもありがたい。ただし、常駐保護による自動スキャンはファイルのアクセスや実行時には行われない。たとえばPC内に潜むマルウェアを誤ってダブルクリックしてしまったような場合に、実行を食い止めて感染を防止するということは不可能なので注意してほしい(図1)。

図1 Clam SentinelはClamWinで常駐保護を実現する
図1 Clam SentinelはClamWinで常駐保護を実現する

Clam Sentinelのインストール

 Clam SentinelはSourceForge.JPのClam Sentinelダウンロードページから入手できる。後述するUSBメモリ上での運用を目的として.zip形式のアーカイブでも配布されているが、通常はWindowsのマークとともに「DL」と書かれたアイコンをクリックして、インストーラをダウンロードすればよい(図2)。

図2 「DL」をクリックするとClam Sentinelがダウンロードできる
図2 「DL」をクリックするとClam Sentinelがダウンロードできる

 Clam SentinelはスキャンにClamWinのエンジンを使うため、当然ながら動作にはClamWinが必要になる。ClamWinのインストーラはSourceForge.JPのClamWinダウンロードページから入手可能だ。「リリースファイル一覧」の「その他全ファイル」から「clamwin」−「バージョン番号」−「clamwin-<バージョン番号>-setup.exe」とクリックしていき、ファイルをハードディスクに保存しよう。その後インストーラを実行し、インストールを行う。詳しいインストール方法は、OSSショートガイドのClamWinの回を参照されたい(図3)。

図3 「その他全ファイル」からClamWinをダウンロードしてインストールする
図3 「その他全ファイル」からClamWinをダウンロードしてインストールする

 ClamWinの導入が完了したら、Clam Sentinelをインストールしよう。保存しておいたインストーラを実行し、言語の選択画面で「Japanese」を選んでから「OK」をクリックする(図4)。

図4 インストーラを実行し「Japanese」を選ぶ
図4 インストーラを実行し「Japanese」を選ぶ

 インストーラが立ち上がったら画面の指示に従って「次へ」をクリックしていく。「使用許諾契約書の同意」画面では「同意する」を選択してから作業を続行すればよい(図5)。

図5 「同意する」を選んだら、ほかはデフォルトのままインストールしよう
図5 「同意する」を選んだら、ほかはデフォルトのままインストールしよう