音声ファイルの形式を相互変換する「fre:ac」

 普段PC上で利用している音声ファイルには、一般的なMP3やWMAをはじめとして非常に多くの種類がある。だが、再生できる形式はプレイヤーソフトや携帯機器によって異なるので、聴くためには形式の変換が必要になることが多い。そこで利用したいのが、今回紹介するfre:acだ。

 fre:acは旧称をBonkEncといい、音声の形式変換に特化したエンコードツールだ。MP3/MP4/AAC/WMA/Wave/Ogg Vorbis/FLAC/Bonkの各形式に対応しており、それぞれ相互変換が行える。変換時には元のファイルに書き込まれていたアーティスト名や曲名などのタグ情報が読み込まれ、新しいファイルへ自動的に入力されるため、煩わしいタグの編集は不要だ。また、MP3の変換には定評のあるLAMEが採用されており、その他のエンコーダーも本体と同時にインストールされるため、別途用意する手間がかからない。当然ビットレートなどの詳細な設定を行うこともできる。

 さらに形式変換だけではなく、オーディオCDのリッピングにも対応しており、音楽をPCに取り込むことが可能だ。リッピングするときはCDDBから曲名などが取得され、タグに自動入力される。また、Winampのプラグインを使って読み込み可能な形式を増やすこともできる。入手した音声ファイルを普段使っているプレイヤーで再生したいときや、購入した機器に合わせて形式を統一したいというときにはとても役立つだろう(図1)。

図1 fre:acは音声ファイルの形式を簡単に統一できる
図1 fre:acは音声ファイルの形式を簡単に統一できる

fre:acのインストール

 fre:acはSourceForge.JPのダウンロードページから入手できる(図2)。通常はWindowsのマークとともにDLと書かれたリンクをクリックし、インストーラをダウンロードすればよい。なお、プロジェクト名はBonkEncのままになっているが、ファイルはfre:acのものなので気にする必要はない。

図2 Windowsマークの書かれたリンクをクリックしてダウンロードする
図2 Windowsマークの書かれたリンクをクリックしてダウンロードする

 ダウンロードしたファイルを実行し、インストールを行う。インストーラは独自のウィザード形式である。左下の言語選択で「Japanese/日本語」となっていることを確認したら「次へ」をクリックしていけばインストールが完了する。特に変更すべき設定はないので簡単だろう(図3)。

図3 インストールは「次へ」をクリックして行くだけだ
図3 インストールは「次へ」をクリックして行くだけだ