低スペックなPCでも軽快に動作するニコ生配信ツール「豆ライブ」

 ニコニコ動画には、動画をリアルタイムで配信する「ニコニコ生放送」(ニコ生)というシステムがある。中でも人気なのはユーザーがWebカメラなどを使って自由に生配信できる「ユーザー生放送」だ。ユーザー生放送の配信はWebブラウザから行えるが、各種のツールを使うことでさらに便利に配信できる。今回紹介するのは低スペックなPCでも余裕を持って配信できるツール「豆ライブ」だ。

 ユーザー生放送の配信やそれに関する操作はすべてWebブラウザ上から行えるようになっているが、撮影した動画のエンコードとアップロード、ストリーミング、字幕表示といった処理はすべてクライアントPC上で同時に行われるため、どうしても動作が重く、低スペックなPCを使って配信するのは難しかった。そこで利用したいのが「豆ライブ」である。

 豆ライブ最大の特徴はストリーミングと字幕表示の機能が省かれている点だ。そのため、低スペックのPCでも軽快に配信が行える。豆ライブは元々自動車運転中の車窓を生配信する「車載動画」の配信者向けに作られたツールであり、車載動画で利用されるバッテリー駆動のネットブックなどでも配信が行えるようになっているため、軽快さは保証付きと言えるだろう。

 また、ただ軽快なだけではなく、コメントを機械音声で読み上げる「棒読みちゃん」に対応しており、画面を見ずに配信ができるのもうれしい。また、配信の登録を行う「枠取り」の手間を軽減する機能も便利だ。ニコニコ生放送では夜間や休日などの配信者数が多い時間帯では、配信に順番待ちが必要な場合があるが、順番が来たときに自動で配信開始の手続きをしてくれる。配信終了時に自動で次の配信を手配する「連続枠取り」機能もある。

 なお、豆ライブで動画を配信するには映像を撮影するためのWebカメラか、デスクトップをキャプチャする「ニコ生デスクトップキャプチャー」などのソフトが必要だ。本稿ではWebカメラを使った配信を解説するので参考にしてほしい(図1)。

図1 豆ライブはネットブックなどでもニコ生を配信できる
図1 豆ライブはネットブックなどでもニコ生を配信できる

豆ライブを利用する準備

 豆ライブはSourceForge.JPのダウンロードページから入手できる。通常はWindowsのマークとともに「DL」と書かれたリンクをクリックして最新バージョンのアーカイブをダウンロードすればよい(図2)。インストーラなどは特に用意されていないので、適当なフォルダに解凍して「NicoLive.exe」を実行すると利用可能になる。

図2 「DL」をクリックして豆ライブをダウンロードし、適当なフォルダに解凍する
図2 「DL」をクリックして豆ライブをダウンロードし、適当なフォルダに解凍する

 豆ライブが動作するには「.NET Framework 3.5」が必要だ。Windows 7の場合は標準でインストールされているが、Vista以前のOSを使っている場合はマイクロソフトのダウンロードセンターからダウンロードし、必ず導入しておこう(図3)。

図3 「ダウンロード」をクリックして.NET Framework3.5を保存し、インストールを行う
図3 「ダウンロード」をクリックして.NET Framework3.5を保存し、インストールを行う

 ニコニコ生放送で動画を配信するには、ニコニコ動画の有料プラン「プレミアム会員」の登録が必須条件になる。アカウントがない場合はあらかじめ取得し、一般会員の場合はプランを変更しておきたい(図4)。

図4 ニコニコ動画にプレミアム会員アカウントを作成する
図4 ニコニコ動画にプレミアム会員アカウントを作成する

 コメントの自動読み上げ機能を使うには「棒読みちゃん」を導入する。棒読みちゃんの公式サイトを開いたら「ダウンロードはこちら」をクリックし、次の画面で「このソフトを今すぐダウンロード」をクリックするとアーカイブを入手できる。豆ライブ同様にインストーラは用意されていないので、適当なフォルダに解凍し「BouyomiChan.exe」をダブルクリックすると起動できる(図5)。

図5 「ダウンロードはこちら」をクリックして棒読みちゃんを入手し、適当なフォルダに解凍する
図5 「ダウンロードはこちら」をクリックして棒読みちゃんを入手し、適当なフォルダに解凍する