ドラッグ&ドロップだけで散らかったフォルダ内を整理できる「DropIt」

 PCで作成した書類やダウンロードした資料などはいつでも参照できるように適切なフォルダへ分類しておきたい。とはいっても、実際には適当な名前で1か所に保存したまま、ほったらかしにしている人も多いのではないだろうか。量が少ないうちはそれでも良いが、ファイルが増えてくると汚らしいばかりか非常に使いづらい。そこで利用したいのが、ファイルを手軽に整理できる振り分けツール「DropIt」である。

 DropItの使い方は極めて簡単だ。振り分けのルールを設定したら、あとはごちゃ混ぜのファイルをDropItのアイコンにまとめてドラッグ&ドロップするだけ。ルールに基づいてファイルが自動で選別されフォルダ分けされる。たとえば特定のサイズ以上のJPEG画像を全部まとめて画像フォルダに移動したり、「会議」や「kaigi」、「議事録」などといった文字列が含まれているファイルをすべて業務用のフォルダに移動したり、といったことが可能だ。

 また、DropItは単なる振り分けだけでなく、ファイルのコピー/圧縮/解凍/名前の変更/完全削除といった操作にも対応している。特定の名前を持つファイルだけを圧縮しながら外付けハードディスクにバックアップしたり、ドロップした全ファイルを復元できないように削除したり、といった用途でも使用できる。「新しいフォルダ」という名前のフォルダが大量にある人や、デスクトップがアイコンで埋め尽くされている人にはぜひともおすすめしたい(図1)。

図1 DropItはルールに基づいてファイルを手早く分類できる
図1 DropItはルールに基づいてファイルを手早く分類できる

DropItのインストール

 DropItはSourceForge.JPのダウンロードページから入手できる(図2)。通常はWindowsのマークとともに「DL」と書かれたリンクをクリックし、インストーラをダウンロードしよう。下部の「リリースファイル一覧」からはポータブル版のアーカイブもダウンロード可能だ。

図2 Windowsのマークとともに「DL」と書かれたリンクをクリックするとダウンロードできる
図2 Windowsのマークとともに「DL」と書かれたリンクをクリックするとダウンロードできる

 DropItのインストーラは標準的なウィザード形式なので、ダウンロードしたファイルを実行したら「Next」をクリックしていくだけでインストールが完了する。特に設定すべき項目はないため迷わずに済むだろう(図3)。

図3 インストールは「Next」をクリックしていくだけでよい
図3 インストールは「Next」をクリックしていくだけでよい