豊富なエフェクトとGPUによる軽快な動作が特徴の動画加工ツール「Javie」

 携帯電話のカメラ機能やデジタルカメラの性能向上で、誰でも手軽にHD画質の動画を撮影できるようになった。しかし、動画をほかの人に見せるのであれば、単に撮影しただけではつまらない。エフェクトをかけたり、文字を入れたり、合成を行ったりして映像作品に仕立てたいものだ。今回紹介する「Javie」は映像に多彩なエフェクトをかけられる高機能な動画加工ツールである。

 動画にエフェクトをかけるツールと言えば「Adobe After Effects」が有名だ。しかし、After Effectsは映画やテレビ、ゲームなどの制作に使われるプロユースのツールであり、アマチュアが趣味目的で利用するにはハードルが高かった。いっぽうJavieはフリーソフトウェアなので、簡単に試してみることができる。また、同様のツールとして「NiVE」もよく知られているが、NiVEはすべての処理をCPUで行うため動作が重く、実際の速度と同じ再生速度でエフェクトを表示するにはレンダリング処理が必要だった。Javieはエフェクト処理にGPUを使ってため軽快に動き、映像を再生しながらリアルタイムでエフェクトの効果をチェックできる。JavaアプリなのでMacで利用できるのもうれしい。

 利用可能なエフェクトははめ込み合成に使うクロマキーや、画面の回転、モザイクやぼかしなど多岐にわたる。映像だけではなく、画像や文字を3Dオブジェクトにして後ろに影を落としたり、ぼんやり光らせたりすることも可能だ。ユーザーインターフェースはAfter Effectsとよく似ており、操作を理解している人はすぐに使いこなせるだろう。また、After Effectsを学習したい人にも役立つはずだ。

 ただし、GPUを活用するため、動作には一定以上の性能を持ったビデオカードが必須だ。具体的にはNVIDIA GeForce 8シリーズ以降/AMD Radeon HD2000シリーズ以降/Intel GMA X4500以降という条件があるので注意しよう(図1)。

図1 JavieはGPUを使って軽快に動作する動画加工ツールだ
図1 JavieはGPUを使って軽快に動作する動画加工ツールだ

Javieの導入と準備

 JavieはSourceForge.JPのダウンロードページから入手できる。通常は「リリースファイル一覧」から「Javie-<バージョン番号>-windows-X86.zip」をクリックしてダウンロードしよう。64bit版のWindowsを使っている場合やMac OSを使っている場合は対応したファイルをダウンロードすればよい。また、「sample projects」からはエフェクトによる炎のサンプルなどを入手することも可能だ(図2)。

図2 「Javie-<バージョン番号>-windows-X86.zip」をクリックするとJavieを入手できる
図2 「Javie-<バージョン番号>-windows-X86.zip」をクリックするとJavieを入手できる

 Javieの動作にはJavaランタイム(JRE)が必要だ。「Java 6 update 27」以降の使用が推奨されているので、Javaの公式サイトから最新のJREをダウンロードしてインストールしよう(図3)。

図3 Javaの公式サイトからJREをダウンロードしインストールする
図3 Javaの公式サイトからJREをダウンロードしインストールする

 ビデオカードが要件を満たしていても、ドライバのバージョンが古いとJavieが正常に動作しない場合がある。AMDのダウンロードページNVIDIAのダウンロードページIntelのダウンロードページから、使用しているビデオカードに対応したドライバをダウンロードし、必ずアップデートしておきたい(図4)。

図4 ビデオカードのドライバを更新する。ここではNVIDIAのサイトからビデオカードの種類に適合したドライバを検索してダウンロードしている
図4 ビデオカードのドライバを更新する。ここではNVIDIAのサイトからビデオカードの種類に適合したドライバを検索してダウンロードしている

 Javieには特にインストーラなどは用意されていない。任意のフォルダに解凍して「Javie.exe」を実行するだけで利用できる。ただし、Vista以降の場合はProgram Filesフォルダに配置すると自動更新機能が利用できなくなるので注意されたい。また、JavieはWindows Media Playerで再生可能なファイルを読み込めるように作られているため、利用する動画によっては対応したコーデック/DirectShowフィルタの導入が必要になる。さまざまな形式に対応したDirectShowフィルタとしてはffdshowなどがあるので、併せて導入しておこう(図5)。

図5 Javieは解凍してJavie.exeをダブルクリックすれば起動できる
図5 Javieは解凍してJavie.exeをダブルクリックすれば起動できる