ASF傘下となったOpenOffice Incubator Projectでは何が起こった? 開発者に聞く:Apache OpenOffice編

 5月8日にリリースされたApache OpenOffice 3.4は、プロジェクトがApache Software Foundation(ASF)傘下となって初めての成果物だ。プロジェクトがASF傘下になり、そして初の成果物をリリースするまでに、プロジェクト内では何が起こっていたのだろうか。Apache OpenOfficeのメンターであるRoss Gardler氏に、プロジェクトのこれまでと今後について話を聞いた。

 SourceForge.netで公開されているPodcast「The Anvil Podcast」では、さまざまなオープンソースプロジェクトの開発者にインタビューを行っている。今回はApache Software Foundation(ASF)傘下となった「Apache OpenOffice」プロジェクトでメンターを務める、Ross Gardler氏へのインタビューをお送りする。

 ――今回のインタビュー相手はRoss Gardlerさん。Apache OpenOffice Incubatorプロジェクトのメンターの1人だ。

 Ross:やあRich、あなたとお話しできるなんて嬉しいよ。

――最後に話したのはApacheConの時だったけど、その時はプロジェクトもまだ始まったばかりだったね。その後、コミュニティがApache Way(Apacheのやり方)に慣れるまで、どういったことが起きたのかを聞きたいんだ。

Apache OpenOffice

 Ross:最大の変化といえば、それは11月にまでさかのぼるのだけど、「『コミュニティのために何かをやってくれる誰か』というのはいない」ということを、コミュニティが理解できたことだと思う。最初のうちは、「誰が私達のためにマーケティングしてくれるんだ」、「誰が私達のためにカンファレンスを開いてくれるのか」、「誰があれをやって、誰がこれをやるのか」、という感じだった。だがASFはそういった類いのことをやるために立ち上げられた組織ではない。そういうことは、各プロジェクトがそれぞれでやらなくちゃいけないんだ。だから、このことを理解してくれたことが一番大きなことだったと思う。もしプロジェクトコミュニティが何かやりたいことを見つけたならば、自分達でそれをやる方法を見つけなくてはならない。それが理解してもらえた時点から、彼らはかなり早く動けるようになったよ。そして、その最たるが先日のリリースなんだ。

 ――つまり、プロジェクトがASFの仲間入りをしたとき、(なにかをしてくれる)「彼ら」ってのは「我々」になる、ってことかい?

 Ross: そう、だいたいそんな感じだよ。ASFはプロジェクトに居場所を提供する法人として存在しているだけであり、プロジェクトをコントロールしたり、面倒をみたり、成功に導くために存在しているのではない。そういったことは、すべてコミュニティに委ねられている。言い換えれば、コミュニティがApache Software Foundationを最大限利用するためには、Apache Software Foundationの一部にならなくてはならないってことなんだ。

 ――プロジェクトの次のステップはなんだい? すでにプロジェクトからリリースされているものもあって、それらはすでにApache Software Licenseで公開されているよね。インキュベータから抜けだすための次のステップは?

 Ross:それについては、メンターそれぞれに違った見解があると思う。だからここで話すことは私の見解なんだけど、まだ公開されていないコードの中に、いくつか知的所有権(IP)に関する問題が残っていると思うんだ。リリースされているものについてはIPの問題はなく、Apache License下にある。でも、レポジトリの中にあるものについては、トップレベルプロジェクトとなったときにそのまま利用できるのか疑問があるものも含まれている。といっても、リリースに漕ぎ着けるために今までチームがやってきたことに比べると、それは大した問題ではない。

 プロジェクトの多様性の面では、深刻な問題は一切ない。もちろん、自らの考えをいろいろ反映させようとしている雇用主が1人いる、ということは抗いようのない事実ではある。だがいっぽうで、プロジェクト内で活発にリーダーシップを発揮しつつ、ほかの団体で仕事している独立開発者もかなりたくさんいるんだ。だから、多様性に関して私は一切心配していない。あとはOpenOfficeコードベースを構築する要素の最終的なクリーンアップぐらいで、そんなものは数週間あれば処理できるものだから、私個人としては、その時点で卒業について喜んで話ができると思う。