簡単に利用できる高機能ファイル同期ツール「FreeFileSync」

 多数のファイルやフォルダをバックアップしたりコピーしたい場合、ファイル同期ツールを利用すると便利だ。UNIX/Linuxでは「rsync」というコマンドラインツールが定番だが、Windows環境ではGUIでバックアップやコピーを行いたいというユーザーも多いだろう。今回紹介する「FreeFileSync」は指定した2つのフォルダ内にあるファイルを比較し、更新したものだけをまとめてコピーできるツールだ。

 重要なデータを予備のハードディスクにバックアップしたい場合や、1つの書類を複数のPCで編集したい場合に、いちいち手作業でファイルをコピーするのはトラブルの元だ。コピーし忘れたり、誤って新しいファイルに古いファイルを上書きしてしまう恐れがある。そこで利用したいのが指定した2つのフォルダ内にあるファイルを比較し、更新したものだけをまとめてコピーするファイル同期ツールだ。

 ファイル同期ツールは多数あるが、FreeFileSyncはシンプルなUIと多彩な機能が特徴だ。操作は簡単で、比較したいフォルダをドラッグ&ドロップで登録したらあとは「比較」ボタンと「同期処理」ボタンをクリックしていくだけで良い。同期前にはファイルの一覧と同期のプレビューが表示されるため、必要なファイルが勝手に上書きされてしまうこともない。また、ワイルドカードを使って同期するファイルをフィルタリングすることもできる。たとえばWordとExcelのファイルだけをバックアップしたいと場合に便利だ。双方向の同期ではなく、片方向のミラーリングも行える。さらにWindowsだけでなく、Linuxでも動作する。リネームや削除されたファイルの検出や、付属ツールのRealtimeSyncを使ったリアルタイム同期機能もある。

 最近はDropboxなどのクラウドを使ったファイル同期もよく使われているが、オンラインにデータを転送する以上は流出の危険性がついて回るし、ファイル容量の制限もある。ローカルだけで完結するFreeFileSyncは、クリティカルなデータや大容量のファイルを同期する上でアドバンテージがあると言えるだろう(図1)。

図1 FreeFileSyncは多機能だが手軽にファイルを同期できる
図1 FreeFileSyncは多機能だが手軽にファイルを同期できる

FreeFileSyncのインストール

 FreeFileSyncはSourceForge.JPのダウンロードページから入手できる(図2)。通常はWindowsのマークとともに「DL」と書かれたリンクをクリックし、インストーラをダウンロードしよう。Linuxの場合はUbuntu用のバイナリやソースコードをダウンロードすればよい。

図2 「DL」をクリックしてインストーラを保存する
図2 「DL」をクリックしてインストーラを保存する

 ダウンロードしたインストーラを実行し、FreeFileSyncをインストールする。インストーラは標準的なウィザード形式である。まずは「ライセンス契約書」画面で「同意する」をクリックする(図3)。

図3 GPLのライセンスを確認したら「同意する」をクリックしよう
図3 GPLのライセンスを確認したら「同意する」をクリックしよう

 「インストールの準備」画面では通常のインストールと、ポータブル用のインストールを選べる。ポータブルを選ぶとファイルの関連付けが行われないほか、設定ファイルがインストールフォルダに保存されるようになる(図4)。

図4 USBメモリで運用する場合は「ポータブル」を選択する。通常はそのまま「次へ」をクリックするとよい
図4 USBメモリで運用する場合は「ポータブル」を選択する。通常はそのまま「次へ」をクリックするとよい

 続けて「AVGセキュリティツールバーをインストール」画面が表示される。チェックボックスにチェックを入れておくと、IEとFirefoxのツールバーが同時にインストールされる。FreeFileSyncの動作には必要ないので、チェックを外してから「インストール」をクリックしよう(図5)。

図5 AVGセキュリティツールバーが不要ならチェックを外してからインストールを進める
図5 AVGセキュリティツールバーが不要ならチェックを外してからインストールを進める