サーバー設定ツール「Chef」のデータ管理機構「Data Bag」を使う

図2 設定内容をData Bagに分離した場合

 サーバー管理ツール「Chef(シェフ)」は、ファイルに記述した設定内容に応じて自動的にユーザーの作成やパッケージのインストール、設定ファイルの編集などを行うツールだ。今回はChefの応用編として、設定のためのデータなどを一元管理できる「Data Bag」という仕組みを紹介する。

仮想環境構築ツール「Vagrant」で開発環境を仮想マシン上に自動作成する

図2 Mac OS X向けのVagrant配布パッケージ。インストーラが含まれている

 アプリケーションの開発やテストを行うために仮想マシンを利用するのは近年では珍しくない。仮想マシンを利用することで、開発者ごとに個別の環境を割り当てることも容易だが、いっぽうでその分だけ開発・テスト環境を構築する作業が必要となる。今回紹介する「Vagrant」は、仮想マシンの構築と開発・テスト環境の構築をまとめて行える支援ツールだ。

「Elixir Report」をWebアプリケーション向けのクエリ/レポートツールとして活用する

app02

 帳票ツール「Elixir Report」を利用することで、GUIツールでデータベースへのクエリを作成したり、クエリ結果の編集や加工が簡単に行えるようになる。今回はWebアプリケーションからElixir Reportを利用してさまざまなデータに対しクエリを実行したり、それらを元にしたレポートを出力する方法を紹介する。

「Elixir Report」を使ってクラウド上のデータをグラフ化してみよう

sf_rep21

 最近では、Google DocsやSalesforceといったクラウドサービスを使ってさまざまなデータを管理しているケースも少なくない。今回は「Elixir Report」を使って、このようなクラウド上にあるデータを表やグラフといった形で出力する方法を紹介する。

コードを記述することなしにデータを表やグラフとして出力できる帳票ツール「Elixir Report」

er_repo09

 さまざまなデータをドキュメント化するに当たって、面倒なのがデータを表やグラフといった形に整形する作業だ。特に印刷に向けたPDFなどを作成する場合、そのジェネレータ側で図や表のレイアウトなどを細かく制御する必要がある。そこで活用したいのが、図表のレイアウトや出力機能を持つツールだ。

さまざまなログをまとめて集中管理できるログ記録/管理ツール「fluentd」

図2 fluendのアーキテクチャ。ファイルやアプリケーションなどのイベントソースから受け取ったイベントが集約され、条件に応じてさまざまな出力先に出力される

 大規模なサービスを運用する場合、それらのログ管理をどうするか、というのが1つの問題となる。複数のマシンにログが分散すると、その管理や活用が面倒になるからだ。また、クラウド環境ではサーバーのリブートによってローカルのストレージが失われる場合がある。このような場合、別のマシンにログを転送するような仕組みが求められる。今回はこういった場合に有用なログ記録・管理ツール「fluentdを紹介する。

Rubyから「さくらのクラウド」を操ろう

図1 さくらのクラウド API v1.1 ドキュメント

 さくらのクラウドでは、公開されているAPIを利用することでサーバーの作成や各種設定などを自動処理できる。今回はこのAPIをRubyを使って操作する例を紹介する。

コマンドラインツール「sacloud」でさくらのクラウドを操作する

図1 さくらのクラウドAPIを使った処理の流れ

 「さくらのクラウド」では、HTTPベースで外部からクラウドの操作を行えるAPIが提供されている。APIを利用することで、スクリプトなどで仮想サーバーの作成を自動化したり、監視・管理といった用途を行うカスタムツールを作成できる。今回はこのさくらのクラウドAPIの概要と、さくらインターネットが提供しているコマンドラインクライアント「sacloud CLI」を使ってさくらのクラウドAPIを利用する例を紹介する。

SourceForge.JP ブログ

raspberrypi用シュリンク版SSPにmruby

シュリンク版SSPとmrubyがとりあえず、一緒に動きました。 ここにアップしました。 https://sourceforge.jp/downloads/users/8/8375/mruby_SSP_TimerIRQ.zip mrbgemを使ってることもあり、mrubyのライブラリはyamanekoさんのを利用しています。 Makefileは、WindowsのUsersフォルダになっていますので環境にあわ...

10Wアンプを作って湘南の海でCAmiDionを鳴らしてみた

昇圧電源に続いて、春休み中に買ったもう一つのキット、10Wモノラル・パワーアンプキットを組み立て、木箱に入れました。 CAmiDionで使う、もうちょっと大出力のギターアンプみたいなのが欲しいなぁと思っていたのですが、市販のギターアンプは高いし、せっかくの春休みだからこの機会に自作しちゃおうと思ったわけで...

「註」のつくりのパターン

「註」(U+8A3B)という字の旁(つくり)には、大きく分けて 2 種類のデザインがあります。ひとつは「主」。もうひとつは「主」の上にある点が垂直になっているもの。手元のフォントを見たかぎりでは、後者のデザインが一般的のようですが、後者のデザインにも、細かく見ると微妙なちがいがあるのかもしれないと気付きま...

クラウンレース

思い付きで、現在使っていないフロントフォーク(クロモリ)のクラウンレースを加工してみました。 専用工具(クラウンレースカッター)は使用していません。それでも工夫して、手間と時間をかければこの程度の仕上がりにはなりました。 どうやったかについては御想像にお任せします。  

昇圧電源でツェナー電圧チェッカーを作ってみた

以前、hwoffに参加したときにair variable さんの実験用安定化電源を見て、これは面白そう!と思っていたわけですが、 ふと思った。 手持ちにツェナーダイオードっぽいけど、ツェナー電圧がわからない、そもそもこれツェナーダイオードだったっけ?という風にわからないままのものが眠っている。これのツェナー電圧...

花見でミク見:CAmiDionでボカロ曲を弾きまくってきた

今年1月3日にyukkyさんに連れてってもらったみっくみくなパン屋さんの、「コトリ店長」に会って相互フォローしていたら、お花見を開催するという話が飛び込んできました。ちょうど僕が0x30歳の誕生日を迎えた先月28日の翌日である29日、JR王子駅前にある飛鳥山公園で開催の予定でした。 桜の下でCAmiDionを鳴らして遊べ...

調査ツール

  先週末は転職の準備が落ち着いて、少し余裕ができたので、開発を進めました。 たいした進展はないのですが、「調査ツール」(下記画像の右上部分)を実装しました。 「調査ツール」とは、メインゲーム画面でマウスカーソルの位置にあるオブジェクトの情報を表示するサブウィンドウです。上の画像では...

なめかた司法書士事務所

わたしの元同僚が、わたしの地元である東京都足立区綾瀬で司法書士事務所を開業しております。得意分野は遺産相続・遺言です。 昨今、生きがいとともに死にがいを大事にする人が増えてきたようですが、『終活』を考えるとき、力強い味方になってくれそうです。 ホームページはこちらです。         ↓ な...

VisualStudio2013に移行

VisualStudio2013を購入しました。 いままで2010だったのですが、例外を追いかけるのにintellitraceとか使いたいなーと思って。 とりあえずプロジェクトを移行してみました。 VS2010でもそうですが、XNA GameStrudio 4.0のプロジェクトをビルドできるように、別途拡張パック?をインストールする必要があります。...

その後

四月から新しい会社での働くことになりました。 今は引き継ぎと、新しい会社で必要なスキルの学習をメインにやってます。 当面は相変わらず進展ない状態かもしれません、ごめんなさい。

OpenOfficeのマクロ

ウエブからコピーしてきた問題と解答があり、それをOpenOfficeCalcにペースト。それを整形して自分用の問題集に作り変えるという作業をしていた。その問題と解答はたくさんあるのでその整形をいちいちやるのは時間がかかる。だったら、ということでマクロを書いてみた。ところがうまく動かないことがあった。 プログ...

本番

やっとsakura.rbをruby-gtk3リポジトリに追加しました。 未完成ですが、とにかく本体の部品はほぼ揃いました。ここからが移植の本番です。 # プラグインをどうするかは未定ですが、基本的にpython版にあった機能は削除しない方向で考えてます。

jMonkeyEngineちょっとさわってみた。

チュートリアルを少しこなす。なるほど。なるほど。これは簡単だ。 /*  * To change this template, choose Tools | Templates  * and open the template in the editor.  */ package mygame; /**  *  * @author yosimasa4403  */ import com.jme3.app.SimpleApplication; import com.jme3.material.Materi...

jMonkey Engine SDKのインストール(linux)

ここしばらくEclipseを使ってlwjglプロジェクトを勉強していた。3Dモデルも使った。サウンド(openAL)も鳴らした。ゲームパッドも使えた。次回、どんなゲームをつくろうかと考えるとアクションゲームかな?と思う。 するとブレンダーで3Dモデルを作ってそれをアニメにしてjava(lwjgl)に取り込むわけだがチュートリア...

jarファイルにするにあたってソースを改変する部分

エクリプスで実行している場合とjarファイルにして実行する場合ではいくらかソースを変更する必要があった。ここではそれをまとめます。ほとんど(すべて)リソースの読み込みの部分。 変更にあたっての注意点は以下の通り。 リソースを読み込むのにgetClassLoader()やgetResourceAsStream()を使うこと。 ja...