「Elixir Report」をWebアプリケーション向けのクエリ/レポートツールとして活用する

app02

 帳票ツール「Elixir Report」を利用することで、GUIツールでデータベースへのクエリを作成したり、クエリ結果の編集や加工が簡単に行えるようになる。今回はWebアプリケーションからElixir Reportを利用してさまざまなデータに対しクエリを実行したり、それらを元にしたレポートを出力する方法を紹介する。

「Elixir Report」を使ってクラウド上のデータをグラフ化してみよう

 最近では、Google DocsやSalesforceといったクラウドサービスを使ってさまざまなデータを管理しているケースも少なくない。今回は「Elixir Report」を使って、このようなクラウド上にあるデータを表やグラフといった形で出力する方法を紹介する。

コードを記述することなしにデータを表やグラフとして出力できる帳票ツール「Elixir Report」

 さまざまなデータをドキュメント化するに当たって、面倒なのがデータを表やグラフといった形に整形する作業だ。特に印刷に向けたPDFなどを作成する場合、そのジェネレータ側で図や表のレイアウトなどを細かく制御する必要がある。そこで活用したいのが、図表のレイアウトや出力機能を持つツールだ。

さまざまなログをまとめて集中管理できるログ記録/管理ツール「fluentd」

図2 fluendのアーキテクチャ。ファイルやアプリケーションなどのイベントソースから受け取ったイベントが集約され、条件に応じてさまざまな出力先に出力される

 大規模なサービスを運用する場合、それらのログ管理をどうするか、というのが1つの問題となる。複数のマシンにログが分散すると、その管理や活用が面倒になるからだ。また、クラウド環境ではサーバーのリブートによってローカルのストレージが失われる場合がある。このような場合、別のマシンにログを転送するような仕組みが求められる。今回はこういった場合に有用なログ記録・管理ツール「fluentdを紹介する。

Rubyから「さくらのクラウド」を操ろう

図1 さくらのクラウド API v1.1 ドキュメント

 さくらのクラウドでは、公開されているAPIを利用することでサーバーの作成や各種設定などを自動処理できる。今回はこのAPIをRubyを使って操作する例を紹介する。

コマンドラインツール「sacloud」でさくらのクラウドを操作する

図1 さくらのクラウドAPIを使った処理の流れ

 「さくらのクラウド」では、HTTPベースで外部からクラウドの操作を行えるAPIが提供されている。APIを利用することで、スクリプトなどで仮想サーバーの作成を自動化したり、監視・管理といった用途を行うカスタムツールを作成できる。今回はこのさくらのクラウドAPIの概要と、さくらインターネットが提供しているコマンドラインクライアント「sacloud CLI」を使ってさくらのクラウドAPIを利用する例を紹介する。

SSDやioDriveといった高速ストレージの性能をチェック――はじめての「さくらの専用サーバ」(4)

図1 Fusion-ioの「ioDrive2」。PCI Express接続の拡張カード上にフラッシュメモリ素子が配置されている

 現在多くのサーバーではストレージとして安価かつ大容量なHDDが採用されているが、さくらの専用サーバでは、ストレージとしてSSDやフラッシュメモリベースの高速ストレージと「Fusion-io ioDrive」なども選択可能だ。今回はこれらストレージの特徴と、その性能についてチェックしていこう。

CPUやメモリなどのシステム性能を比較するベンチマークツール

pts_result

 最近のサーバーではネットワークやストレージの性能が最重要視され、CPUやメモリの性能についてはあまり重視されない傾向がある。とはいえ、CPUやメモリの処理能力が重要となる場合もまだ一定数ある。今回はそのような用途に向け、CPUやメモリ、システム全体の処理能力を調査するためのベンチマークツールを紹介する。

SourceForge.JP ブログ

第8回TOPPERS/SSPカーネルソース勉強会 メモ

12/17のカーネルソース勉強会のメモです。 RTOSセミナのテキストのレビュー内容もここにレスいただければ幸いです。

GUGENとネオコイワセッションをはしごしてきた(あの楽器もあったよ!)

12月13日(土曜日)はこの2つをはしごしてきました(最近都内でのイベントが多くてはしごが多いw) GUGEN 2014(@秋葉原・富士ソフトアキバプラザ) ネオコイワセッション(@新小岩・chippy) アキバへ行くまで その前に…この3日前の水曜に帰宅後、妻子のPCからネットがつながらないということで調べたら、L...

Ubuntu 14.04 に Android Studio をインストールする手順

12/9 に Google 社より Android Studio 1.0 がリリースされた。 今後は Android アプリケーション開発において、 Eclipse に代わるデファクト IDE となると予想されるため、インストール手順をまとめた。 Ubuntu Desktop 14.04.1 LTS 64bit Android Studio 1.0 Oracle Java JDK 8 1. Android Studio のダウ...

CAmiDionのArduinoスケッチを最新ライブラリに対応しました

作業部屋に置いてあった CAmiDion3.ino を更新し、最新のライブラリでコンパイルが通るようにしました。 先月終わり頃、始めてAVRマイコンなしの CAmiDion 基板を頒布したのですが、基本構成のページを参考にダウンロードしても、I2CLiquidCrystalライブラリ、MIDIライブラリを最新にするとうまくコンパイルできない...

DS-10 Picnic!@お台場に行ってきた

今日はDS-10 Picnic!@お台場潮風公園に行ってきました。 前回の DS-10 picnic! は4月のお花見のときで、買ったばかりのポケミクを持って府中の多摩川の河原へ行ったわけですが、南多摩駅から是政橋の上で数分間の集中豪雨の洗礼を受けながら現地に着いたら晴れていて、ちょっとだけCAmiDion(まだユニバーサル基板...

基板完売

前の記事「キバンフェスに行ってきた」でもちょこっと話した同窓会(小5~小6時代の)が大船で行われました。 女性陣が企画して何年かおきに開催されますが、参加者は女性のほうが多くて男性で一番最初に来たのは僕だったというw CAmiDionを見せてきましたが、完成品なら欲しいんだけどなぁっていう男性がいたw ...

キバンフェスに行ってきた

11/29(土)、ADK BOOTCAMP+KIBANFES(キバンフェス)に行ってきました。 当初はアナログシンセ・ビルダーズ・サミットに行こうかなーと思っていましたが、費用の関係などでいろいろ迷っていたら前売り券の発売締め切りが来て時すでに遅し… で、結局はより参加しやすいキバンフェスのほうにだけ行くことを決意。 数...

XcodeでのUItableView関係で良くでるであろうエラーの解決方法

Xcodeでアプリを開発していて、シーンにtableViewを追加したらこんなエラーがでました。   error: Illegal Configuration: Static table views are only valid when embedded in UITableVieController instances]   ?( ? _ ? )   調べてみると、TableViewのContentを「Static Cells」...

Ubuntu 12.04 に Ansible をインストールする手順

Ubuntu 12.04 に構成管理ツールである Ansible (http://www.ansible.com/home) をインストールし、疎通確認するまでの手順メモ。公式ドキュメント (http://docs.ansible.com/intro_installation.html#latest-releases-via-apt-ubuntu) を主に参考としている。 Ansible をインストールするマシン (管理サーバと呼ぶ) ...

楽器フェアと Maker Faire Tokyo 2014 をはしごしてきた

先日「Maker Faire Tokyo 2014 でCAmiDion基板セット頒布します!」で告知した通り、ビッグサイト西棟の下のフロアで行われていた楽器フェアと、そのすぐ上のフロアで行われていた Maker Faire Tokyo 2014 に行ってきました。 1日目 娘(ビビライP)を連れてビッグサイトへ。まずは両方のイベントに入場できるよう...

Maker Faire Tokyo 2014 でCAmiDion基板セット頒布します!

2014年11月23日~24日にMaker Faire Tokyo 2014 が開催されます。 当初は基板の頒布なしで単独ブースとして出展申込したのですが、結果は落選。 他のブースのお手伝いしようか…と思っていたら、過去に展示で近くのブースだったこともあるちっちゃいものくらぶの方(ともんさん)から「うちの机でCAmiDion売りません...

11月近況

ブログ更新も約一ヶ月ぶりですね。 残念ながら、開発はあまり進んでません。 SourceForgeのコミットログ見てもらえればわかりますけど、細かい修正をちまちまやってる程度です。 今くらいの時期が気温的にも自宅作業も捗るはずなのですが、 先々週の三連休は風邪ひいて寝込んでしまうし、未だに完全復活できずに...

近況@2014~JAVAの問題について~

お久しぶりです。前回の投稿から一年以上間が開いてしまいました。 理由は、本業の方でドタバタ劇に巻き込まれ、転職活動を行う羽目になったからです。 ここまでは世間話的なかんじでいいのですが、本業の方で障害解析を行う必要がありまして、 そのときにたまたまではありますがJAVAの問題についてこの場を借り...

Luaのシュガーシンタックス

Luaでオブジェクトのメソッドを呼ぶときに objectname:functionName(args) と":"をつける。 リファレンスマニュアルを読むと 「メソッド」を呼ぶために使われます。 呼び出し v:name(args) は v.name(v,args) のシンタックスシュガーです。ただし v の評価が一度だけであるという点が異なります。 とある。...

Swift; init! と init? の使い分け

最近Swiftのコーディングを始めている。 Appleのドキュメントでは「失敗することのあるinitializerはinit!かinit?なんだ」というざっくりとした説明があるのだが、それらを具体的にどう使い分けるのかちゃんとした記載がなく、検索しても意外と触れている人間が見つからなかった。ということで個人メモ。ちゃんと調べ...