Develop and Download Open Source Software

How to use FFFTP

FFFTPを起動すると、「ホスト一覧」画面が表示されます。
この画面では、よく使う接続先ホストを登録しておくことができます。

「新規ホスト」をクリックすると、「ホストの設定」画面が表示されます。

  • 設定名: 適当な名前で構いません。
  • ホスト名(アドレス): 接続先の ホスト名 もしくは IPアドレス
  • ユーザ名 接続に使用するユーザー名
  • パスワード/パスフレーズ: 接続に使用するパスワード。大文字・小文字も区別されます。

この設定が分からない場合はまだ FFFTP を使用するための準備ができていません。
接続先のサーバ設定を確認して下さい。(レンタルサーバなど)

また、「ローカルの初期フォルダ」および「ホストの初期フォルダ」では
接続後に表示するフォルダを指定することができます。

「拡張」や「文字コード」、「ダイアルアップ」、「高度」では
それぞれ高度な設定が行えますが、多くの場合はデフォルトの設定で問題ないでしょう。

「OK」をクリックすると「ホスト一覧」ウィンドウに設定したホストが追加されます。
接続したいホストを選択し、「接続」をクリックするとホストへの接続が行われます。

メイン画面

メイン画面では、左側にローカル側のファイル/フォルダ、
右側にリモート側のファイル/フォルダが表示されます。

ローカル側のファイル/フォルダを選択して
ツールバーの上矢印をクリックするとファイルのアップロード、
リモート側のファイルを選択してツールバーの下矢印をクリックすると
ファイルのダウンロードが行えます。

また、右側のリモート側のファイル/フォルダが表示されているウイドウに、
ローカル側のファイル/フォルダを
直接ドラッグ&ドロップすることでもアップロードが行えます。
同様に、右側のリモート側のファイル/フォルダを、
ローカル側の任意の場所(フォルダや、デスクトップなど)へ
直接ドラッグ&ドロップすることでもダウンロードが行えます。


Q&A

Q.接続がうまくいきません。

  • 入力が誤っている
    . を , と入力したりしていませんか?
    また全角 123 では接続できません。全て半角 123 で入力しないといけません。
    後ろに空白が入っていて接続できないケースもあるようです。
  • 環境によって接続できない場合がある
    会社や学校からの接続はファイヤウォールの影響で接続できない場合があります。
    必要な場合はネットワーク管理者に尋ねてみて下さい。
    プライベート目的なら悪影響がありますので避けた方が無難です。諦めて下さい。
  • 機器によっては設定が必要な場合がある
    ルータのフィルタリング機能により、接続できなかったり、
    接続しても失敗するケースがあります。
    機器のフィルタリング機能を解除する必要があります。
    後者の場合は ホストの設定 の 拡張 タブにある
    「PASV モードを使う」にチェックを入れると改善する場合もあります。
  • ファイヤウォールの設定を変更する必要がある
    セキュリティ対策ソフトによって FTP の通信が正常に行えない場合があります。
    セキュリティ対策ソフトでファイヤウォールが有効になっている場合、
    「Windows セキュリティ」は無効にして構いません。

Q.設定が分かりません。

  • レンタルサーバからのメールやサポートページを確認する・プロバイダ等に尋ねる
    これは個人一人一人で設定が異なるため、「教えて下さい」と言われても分かりません。
    レンタルサーバのサポートページやメール、プロバイダ等から
    届いている資料等に書いてあるはずです。
    どうしても接続できない場合は
    接続先のサーバやプロバイダ等に問い合わせてみて下さい。

Q.アップロードしたのに表示されません。

  • アップロードする場所を間違えている
    接続したところにアップロードしていませんか?
    www htdocs public_html 等のフォルダ(ディレクトリ)がある場合はそこに入り、
    その中でアップロードを行って下さい。そうしないと表示されません。
  • 自分のパソコン用に作成してしまっている
    一部の画像等が表示されない場合は、参照しているファイルを確認してみて下さい。
    C:¥Documents¥image.gif という感じに表示されている場合は、
    自分のパソコンでしか表示されません。
    例えば http://www.network.ne.jp/~user/image/image.gif 等と
    直接記載すれば良いのですが、
    これではアップロードしないと確認できなくなります。
    一番良いのは image/image.gif と間接指定を用いると、
    パソコンでもアップロード先でも表示されます。
    間接指定については HTML の解説書等を参照して下さい。
  • ファイル名に漢字を使用している
    漢字はサーバ側やインターネットの規則上いろいろ不都合が生じます。
    半角英数にすると無難です。
  • ファイル名に大文字を使用している
    Windows では小文字 abc と大文字 ABC の区別がありません。
    しかし、一般にホストとして用いられている UNIX は
    小文字 abc と大文字 ABC の区別があります。
    小文字 abc にしておくと無難です。
  • 転送モードを正しく指定していない
    画像ファイル(.gif .jpg .png)や圧縮ファイル(.tar.gz .zip)は
    バイナリ転送モード ボタン で転送しなければいけません。
    HTML ファイル(.htm .html)やテキストファイル(.txt)、CGI(.cgi .pl)は
    環境によっては アスキー転送モード ボタン で転送しなければいけません。
    ※ テキスト転送・テキストモードは
      FFFTP では「アスキーモード」と表現されています。
      同じ物と考えていただいて結構です。

CGI を実行するとサーバーエラーになってしまう

  • CGI を許可していないサーバを利用している
    環境によっては CGI を使えないようにしてあるところがあります。諦めて下さい。
  • CGI を正しいディレクトリにアップロードしていない。
    .cgi というファイル名にしないと実行できなかったり、
    cgi-bin 等に置くようになっています。
    設定を記載した .htaccess を置かないと実行できない場合もあります。
    (詳細は接続先のサーバへお問い合わせ下さい)
  • CGI のパーミッションに実行権がついていない。
    CGI ファイルの「属性」に x がついていない場合は実行できません。
    ファイルを右クリックして表示されるメニューより「属性変更」を選び、
    オーナー・グループ・その他の各実行権にチェックを入れて下さい。
    環境によっては FFFTP で操作できない場合があります。
    その場合は ssh で接続し、変更を行う必要があります。
    (詳細はサーバへお問い合わせ下さい)

※ UNIX で使われる用語 パーミッション は FFFTP では「属性」と表現されています。
  同じ物と考えていただいて結構です。
※ 属性変更をするべきファイルは
  リモート(ウインドウ右側)のファイルに対して行ないます。
  コマンド-属性変更を選んでプロパティが表示される場合は
  ローカル(ウインドウ左側)のファイルが選択されているのが原因です。


操作がわからなくなった場合はメニューバーの ヘルプ - 目次 でヘルプを見る事ができます。
Wiki にもほぼ同じ内容の オンラインヘルプ を用意しています。