FFFTP

ffftp_1.98e.png

→FFFTPをダウンロードする(ダウンロードページへ)

※雑誌等への掲載・収録・転載についてはこちらをお読みください

FFFTP オンラインヘルプ

FFFTP概要

FFFTPはGUIのFTPクライアントソフトです。

FFFTPの特徴

  • ファイルリストの部分とファイル転送が別スレッドなので、ファイル転送をしながら新たなファイル操作ができます。
  • ミラーリングアップロード機能により、ローカルのファイル構成と同じ物をホスト側に作ることが出来ます。
  • 漢字コードの変換ができます。
  • 漢字のファイル名を扱うことができます。
  • サブディレクトリを含めたファイルの転送ができます。
  • ファイルの転送を、いつでも中断できます。また、以前ダウンロードを中断したファイルがある時、その続きをダウンロードできます。
  • 各種FireWall、SOCKS、ワンタイムパスワードに対応しています。

続きを読む...

最新ニュース

FFFTP 1.98dリリース(2012年2月23日)

FFFTP Projectは2月23日、FFFTP 1.98eをリリースしました。

FFFTP 1.98eでは、2011年11月22日にリリースされた1.98dにいくつかのバグフィックスおよび新機能追加を行ったものです。

主要な変更点は下記になります。

  • ホストのパスワードが正しくない場合にパスワードを手動で再度入力してもログインできないバグを修正しました。
  • マルチコアCPUの特定環境下でクラッシュするバグを修正しました。
  • 作業ファイルを保存するフォルダの構成を変更しました。これによりFFFTPを複数起動してもキャッシュが干渉しなくなります。
  • linux-ftpdのファイル一覧形式に対応しました。
  • ローカル側のファイル一覧にアイコンを表示できるようにしました。
  • HP NonStop Serverに対応しました(Yuji Tanaka氏提供)。
  • 再接続時にいくつかのコマンドが送信されないバグを修正しました(Yuji Tanaka氏提供)。
  • UIの表記を一部修正しました(Moriguchi Hirokazu氏提供)。
  • 名前を指定してダウンロードでファイルの更新日時が正しく設定されないバグを修正しました。
  • ファイルの削除中に、転送不可にもかかわらず、ファイルをドロップすると転送を開始するバグを修正しました。
  • ファイルの転送に失敗した場合の挙動を改善しました。
  • 既定でメインウィンドウのソケットを再利用するように変更しました(以前の設定が存在し、同時接続数が1より大きい場合はその設定が適用されます)。
  • アップロード時にホストが名前を付けた場合に元のファイル名のファイルの属性が変更されるバグを修正しました。
  • 終了時にフリーズすることがあるバグを修正しました。
  • フルパスでアクセスしない設定で存在しないディレクトリにアクセスするとフリーズするバグを修正しました。
  • ネットワークの種類を自動に設定している場合の挙動を変更しました。IPv4とIPv6の両方で名前解決と接続を同時に行い、先に接続が完了した方を使用します。
  • ZIP版ではレジストリに設定を一切保存しないように変更しました。レジストリを使用するにはファイル"portable"を削除してください。
  • ファイル一覧の種類の列が正しく表示されないバグを修正しました。
  • 一部のRFC 3659に準拠しないMLSDコマンドの応答に対応しました。

続きを読む...


FFFTP 1.98c以前に存在する脆弱性について(2011年12月9日)

FFFTP 1.98c以前に意図しない実行ファイルを実行してしまう脆弱性が確認されています(JVN#94002296)。FFFTP 1.98dではこの脆弱性を修正していますので、FFFTP 1.98c以前を利用しているユーザーは1.98d以降へのアップグレードを推奨いたします。

続きを読む...


FFFTP 1.98dリリース(2011年11月22日)

FFFTP Projectは11月22日、FFFTP 1.98dをリリースしました。

FFFTP 1.98dでは、11月5日にリリースされた1.98cにいくつかのバグフィックスおよび新機能追加を行ったものです。

主要な変更点は下記になります。

  • MLSDコマンドに対応したホストではMLSDコマンドを用いてファイル一覧を取得するようにしました。LISTコマンドの応答に特定のファイルが含まれない一部のホストでも正しく列挙できる可能性が高くなります。
  • 通信のルーチンを待ち時間が減るように改善しました。
  • ホストの応答をホストのファイル名の漢字コードでデコードしてからログに表示するように変更しました。
  • レジストリの設定をファイルに保存するときに任意のコードが実行される可能性があるバグを修正しました。
  • 拡張子が無いファイルをダブルクリックした場合に選択されたものと異なるファイルが表示されるバグを修正しました。
  • ホストとの接続にInternet Protocol Version 6(略称IPv6)が使用できるようになりました。デフォルトでは従来のIPv4で名前解決ができない場合にIPv6で接続を試みるようになります。
  • INIファイルの文字列の文字コードを自動判別するように変更しました。
  • メインウィンドウが使用している接続を転送用に再使用するための設定を追加しました。これにより1.97b以前で転送可能だったが1.98で転送不能になるという症状が改善されますが、不具合が発生する可能性があります。
  • FTPSで接続した時にSSL/TLSのルート証明書を用いてホストの証明書を検証するように変更しました。ルート証明書を更新するには同梱の"ssl.pem"ファイルをPEM形式に従って書き換えてください。
  • ホストとの接続を維持するために一定時間ごとにコマンドを送信する機能を追加しました。ただしこの機能はデフォルトでは無効に設定されます。
  • ホストのファイル名の漢字コードの自動判別の精度を改善しました。

そのほか、バグフィックスなど多数の変更が加えられています。

続きを読む...


それ以前のニュースはこちら

リリース情報

プロジェクトについて

本プロジェクトでは、FFFTPの配布や不具合などの情報共有、パッチなどの集積、問題修正などを目的としています。FFFTPの開発は終了していますが、不具合や脆弱性などの問題があれば対処していきたいと思っておりますので、各種情報やパッチなどの投稿など大歓迎です。

ご意見や各種情報などの投稿は「公開討議」フォーラムで行う予定ですので、ご意見や各種情報がありましたら投稿をお願いいたします。

開発者向けメモ