osg.png

このWikiは、Open Source Group Japanが運営しています。Open Source Group JapanのWebはこちらへどうぞ。

リソース

最近の更新

2013-06-24
2011-09-06
2009-12-26
2009-07-02
2008-06-30

サイドバー

Nethack一般公有使用許諾書

Copyright (c) 1989 M. Stephenson
(Based on the BISON general public license, copyright 1988 Richard M. Stallman)

何人も、以下の内容を変更せずにそのまま複写する場合に限り、本使用許諾書を複製および頒布することができます。 また、本使用許諾書の文言を使用して、他のプログラムの条件とすることもできます。 ほとんどのソフトウェア会社の使用許諾契約は、ユーザをそれらの会社の意のままに支配します。 それに対して、我々の一般公有使用許諾は、NetHackを共有する権利をすべてのユーザに与えることを目的としています。 ユーザが我々の意図する権利を確実に享受できるように、我々は、何人もこれらの権利を否定したり、放棄するようにユーザに求めることはできないという制限条項を設ける必要があります。 こうした理由で、本使用許諾契約が作成されています。

具体的には、我々は、ユーザがNetHackの複製物を自由に頒布できること、ソース・コードを受け取るか、あるいは希望しさえすればそれを入手できること、NetHackを変更したり、その一部を新しいフリー・プログラムに使用できること、およびこれらの権利がユーザに知らされることを確実に実現したいと望んでいます。

すべての人々にそうした権利が確実に与えられるように、我々はあなたが他の人々からこれらの権利を奪うことを禁止する必要があります。 たとえば、あなたがNetHackの複製を頒布する場合、あなたは自分の持っている権利をすべて相手に与えなければなりません。 あなたは、相手もまたソース・コードを受け取ったり入手したりできるようにしなければなりません。 さらに、あなたは相手にこれらの権利のことを知らせなければなりません。

また、我々自身を守るために、NetHackが無保証であることをすべての人々に了解してもらう必要があります。 NetHackが他の誰かによって変更され、頒布された場合、受領者はそのソフトウェアがオリジナル・バージョンではないということを知らされる必要があります。

以上の理由から、我々(Mike Stephenson、および他のNetHack著作権保持者)は、NetHackの頒布または変更に関する条件を次のように定めます。

複製に関するポリシー

  1. あなたは、どのような媒体上へ複製しようとする場合であっても、入手したNetHackのソース・コードをそのままの内容で複写した上で、著作権、本使用許諾契約、および無保証に言及するすべてのファイル上の記載部分を元のままの形で表示する場合に限り、複製または頒布することができます。NetHackプログラムのその他の受領者に対しては、プログラムと共に本使用許諾契約の写しを渡してください。
  2. さらに次の条件を満たしている限り、あなたはNetHackの複製またはその一部分を変更し、上記第1項の条件(本使用許諾契約の頒布を含む)に従って、そのような変更版を複製および頒布することができます。
    (a)ファイルを変更した旨とその変更日とを、変更したファイル上に明確に表示すること。
    (b)変更したか否かを問わず、およそNetHackまたはその一部分を内部に組み込んでいるか、またはその派生物を頒布する場合には、本使用許諾契約に記載されたものとまったく同じ条件で、その全体を第三者へ無償で使用許諾すること(自らの判断により、第三者の一部または全部に対して、より広範囲な保証を与える場合を除く)。
    (c)複製物の引き渡しに要する頒布費を請求することができる。また、あなた独自の保証を行う場合は、それを有償とすることができる。
  3. 次のいずれか1つの条件を満たす限り、上記第1項および第2項の条件に従って、NetHack(または、上記2項で言及しているNetHackの一部分または派生物)をオブジェクト・コードまたは実行可能形式で複製および頒布することができます。
    (a)対応する機械読み取り可能なソース・コード一式を一緒に引き渡すこと。ソース・コードの引き渡しは、上記第1項および第2項の条件に従って行われること。
    (b)対応する機械読み取り可能なソース・コード一式を適切なアーカイブ・サイトから入手する方法に関する十分な情報を一緒に引き渡すこと。 (この方法は非商用の頒布についてのみ許可されます。)
    ここでいうソース・コード一式とは、Usenetを介して最初にリリースされたときのままの完全なソース頒布物、もしくはオブジェクト・コードまたは実行可能形式の作成に使用された、本頒布物内の更新されたファイルの複製を指します。
  4. 本使用許諾契約で明示的に許諾されている場合を除き、あなたはNetHackを複製、サブライセンス、頒布、または引き渡すことができません。 本使用許諾契約に従わずにNetHackを複製、サブライセンス、頒布、または引き渡そうとする行為は、それ自体が無効であり、本使用許諾契約に基づいてプログラムを使用するあなたの権利を自動的に消滅させます。 ただし、本使用許諾契約と共にあなたからコンピュータ・ソフトウェア・プログラムを受け取った第三者は、本使用許諾契約を完全に遵守している限り、引き続きプログラムを使用する権利を持つものとします。

わかりやすく言えば、 上記の条件に従う限り、NetHackを変更し、またはその他の方法でNetHackの一部を使用することを許可します。特に、あなたが変更したNetHack、またはNetHackの一部が含まれるプログラムは、本使用許諾契約の規定どおりに自由に入手できるようにしておかなければなりません。 言い換えれば、遠慮なくNetHackを頒布してください。ただし、他の人々がそれをさらに頒布するのを妨げないでください。