osg.png

このWikiは、Open Source Group Japanが運営しています。Open Source Group JapanのWebはこちらへどうぞ。

リソース

最近の更新

2013-06-24
2011-09-06
2009-12-26
2009-07-02
2008-06-30

サイドバー

The PHPライセンス

バージョン3.0

以下の条件が満たされている限り、変更するか否かを問わず、ソース・コード形式およびバイナリ形式での再頒布および使用を許可します。

  1. ソース・コードを再頒布する場合は、上記の著作権表示、本条件項目、および下記の免責条項をソース・コード内に記載しなければなりません。
  2. バイナリ形式で再頒布する場合は、上記の著作権表示、本条件項目、および下記の免責条項を、頒布物と共に提供される文書、および/または他の資料に転載しなければなりません。
  3. 事前に書面による許可を受けることなく、本ソフトウェアから派生する製品を是認または促進する目的で「PHP」という名前を使用してはなりません。書面による許可については、group@php.netにお問い合わせください。
  4. group@php.netから事前に書面による許可を受けることなく、本ソフトウェアから派生した製品を「PHP」と呼ぶことや、製品名に「PHP」という単語を使うことはできません。製品を「PHP Foo」または「phpfoo」と呼ぶ代わりに「Foo for PHP」と言うことによって、そのソフトウェアがPHPと連携して動作する旨を表すことができます。
  5. PHP Groupは、その時々に、ライセンスの改訂バージョン、および/または新しいバージョンを発行することがあります。各バージョンには、識別のためのバージョン番号が割り当てられます。対象コードが特定のバージョンのライセンスのもとで公開された後、あなたは常に当該バージョンの条件に従ってそれを使用し続けることができます。あなたはまた、PHP Groupが発行するそれ以降の任意のバージョンのライセンスの条件に従って、当該対象コードを使用することもできます。 本ライセンスに基づいて作成される対象コードに適用される条件を変更する権利は、PHP Groupのみが保持しています。
  6. いかなる形式で再頒布する場合も、次の文言を表示しなければなりません。"This product includes PHP, freely available from <http://www.php.net/>".

本ソフトウェアは、THE PHP DEVELOPMENT TEAMによって「現状のまま」、また明示であるか暗黙であるかを問わず、一切の保証を付けずに提供されます。ここでいう保証とは、商品性や特定の目的への適合性についての暗黙の保証も含みますが、それに限定されるものではありません。THE PHP DEVELOPMENT TEAMまたはそのコントリビューターは、 その原因がいかなるものであろうと、責任の根拠が契約、厳格責任、不法行為(過失その他を含む)のいずれであろうと、本ソフトウェアの使用に起因する一切の直接損害、間接損害、偶発的損害、 特別損害、懲戒的損害、派生的損害について何らの責任も負いません。 THE PHP DEVELOPMENT TEAMまたはそのコントリビューターが、そのような損害の発生する可能性について知らされていた場合も同様です。ここでいう損害には、代替物または サービスの提供、使用機会、データ、または利益の喪失、業務の中断等も含まれますが、それに限定されるものではありません。


本ソフトウェアは、多くの人々によるPHP Groupのための自発的な貢献によって成り立っています。

PHP Groupの電子メールの宛先はgroup@php.netです。

PHP GroupおよびPHPプロジェクトの詳細については、<http://www.php.net>を参照してください。

本製品には、Zend Engineが含まれています。Zend Engineは<http://www.zend.com>から自由に入手することができます。