osg.png

このWikiは、Open Source Group Japanが運営しています。Open Source Group JapanのWebはこちらへどうぞ。

リソース

最近の更新

2013-06-24
2011-09-06
2009-12-26
2009-07-02
2008-06-30

サイドバー

Zopeパブリック・ライセンス(ZPL)バージョン2.0

This software is Copyright (c) Zope Corporation (tm) and Contributors. All rights reserved.

本ライセンスは、オープンソースとして認定されています。また、Free Software Foundation(FSF)によるGPL準拠の指定も受けています。

以下の条件が満たされている限り、変更するか否かを問わず、ソース・コード形式およびバイナリ形式での再頒布および使用を許可します。

1. ソース・コード形式で再頒布する場合は、上記の著作権表示、本条件項目、および下記の免責条項をソース・コード内に記載しなければなりません。

2. バイナリ形式で再頒布する場合は、上記の著作権表示、本条件項目、および下記の免責条項を、頒布物と共に提供される文書、および/または他の資料に転載しなければなりません。

3. Zope Corporationから事前に書面で許可を受けることなく、本ソフトウェアから派生する製品を是認または促進する目的でZope Corporation(tm)という名前を使用してはなりません。

4. 本ソフトウェアを頒布し、または任意の目的に使用する権利は、Zope Corporationのサービスマーク(sm)または商標(tm)を使用する権利をあなたに与えるものではありません。これらの使用については、別途契約で定められています(http://www.zope.com/Marksを参照)。

5. ファイルを変更する場合は、ファイルを変更した旨とその変更日とを、変更したファイル上に明確に表示しなければなりません。

免責条項

本ソフトウェアは、Zope Corporationによって「現状のまま」で、また明示であるか暗黙であるかを問わず、一切の保証を付けずに提供されます。ここでいう保証とは、商品性や特定の目的への適合性についての暗黙の保証も含みますが、それに限定されるものではありません。Zope Corporationまたはそのコントリビューターは、 その原因がいかなるものであろうと、責任の根拠が契約、厳格責任、不法行為(過失その他を含む)のいずれであろうと、本ソフトウェアの使用によって生じる一切の直接損害、間接損害、偶発的損害、特別損害、懲戒的損害、派生的損害について何らの責任も負いません。 Zope Corporationまたはそのコントリビューターが、そのような損害の発生する可能性について知らされていた場合も同様です。ここでいう損害には、代替物または サービスの提供、使用機会、データ、または利益の喪失、業務の中断等も含まれますが、それに限定されるものではありません。

本ソフトウェアは、Zope Corporation、および多くの人々によるZope Corporationのための貢献によって成り立っています。個別の帰属は、添付の著作表示ファイルに記載されています。